ちゃぐりん

Last-modified: 2021-09-26 (日) 22:18:48

概要

ちゃぐりんとは、JAグループの団体である家の光協会が発行している児童向けの雑誌。1961年に「家の光」として創刊され、1963年に「こどもの光」に変更さる。1993年に「こどもの光」の2回の誌名リニューアルを経て現在の名前になった。
名前の由来はChild(子供)+Agriculture(農業)+Green(緑)。

漫画

漫画もいくつか連載されている。ちなみに過去にもキテレツ大百科の漫画が掲載されたこともある。

ピンキーとキラキラーズ(ふくやまけいこ)

近未来の日本にある島が舞台の女児向けファンタジー、
タイトルは「ピンキーとキラーズ」から。
可愛らしい絵柄と少しSFじみた設定が特徴。

ふしぎ森の百神さま(ふくやまけいこ)

2017年の4月まで連載されていた。
「神様」が出てくる和風ファンタジー、
ちゃぐりん人気作品の1つ。

たまねぎたまちゃん(赤塚不二夫)

2019年5月号から連載中。
チビ太風のキャラ「たまちゃん」が主人公の漫画。子供が嫌いな野菜をテーマに扱っており、「これを読んで少しでも野菜が好きになってくれたら」という理由で連載した。

モチモチ(かみやたかひろ)

食べ物がモデルのキャラクターが出てくるギャグ漫画、
お餅の「モチモチ」が活躍するドタバタストーリー。

シューティング流星(三鷹公一)

卓球を題材にしたスポーツ漫画、
マイナー雑誌と侮るなかれ、かなり本格的。
2016年5月号から現在まで連載している人気漫画。

読者コーナー

イラてん

2016年12月号から2020年4月号まで連載していた読者コーナー。
読書の描いた絵がカラーで載る。
昔は他作品のキャラクターを送ってもOKだったが、著作権などの問題で現在は
ちゃぐりんキャラとオリキャラのみになっている。
だが2017年9月号にはジョジョのヴィネガー・ドッピオ、リゾット・ネエロ、ディアボロ
最終回では鬼滅の刃の竈門炭治郎にそっくりなキャラクターが載っていたのであまり意味がない。
現在はもともとちゃぐりん広場にあったコーナー、「オリキャラデザイン天国」になっている。
こちらは服のデザインが投稿されている。どう森のマイデザインみたいなもん

ちゃぐりん広場

この本の中心となる読者コーナー、
ダジャレの絵を載せる「ダジャーレ美術館」、お題となる怪獣を読者のアイデアで倒す「怪獣バスターズ」
1コマ目の続きを考える「挑戦!4コマン!!」、オリジナルのランキングを考える「勝手にマイベスト5」
の4コーナーで形成されている。
ただ、読者コーナーと言いつつもダジャーレ美術館ではあまりにも達筆な文字、
挑戦!4コマン!!では子供には描けないような本格的なマンガの絵、勝手にマイベスト5でも似たような事例があるので
信憑性は……

コメント

  • これ好き、だけどお便りコーナーに編集者らしき絵載ってるのひで&たると -- 奈良みかん 2020-05-11 (月) 08:42:48
  • 「モチモチ」めっちゃ好き‼面白い❗(>_<) (^^) -- あまね? 2021-06-01 (火) 18:04:20

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?