でんぢゃらすじーさん

Last-modified: 2023-01-16 (月) 09:52:20

概要

でんぢゃらすじーさん』とは月刊コロコロコミックにて連載中の漫画シリーズである。
不条理かつ型破りな下ネタ死ネタを主体とし、時にブラックジョークやダジャレなどのギャグを交えながら、勢い良く畳み掛けてくるような作風である。良くも悪くも読者を選ぶ漫画だが、2003年にはアニメ化、ゲーム化され、2004年には小学館漫画賞児童向け部門を受賞するなど、小学生を中心に根強い人気を誇る。

無印の連載開始が2001年であり、実に20年以上連載している長寿漫画である。そしてその間ずっとコロコロの看板漫画として多くの小学生を爆笑させてきた。
20年以上に渡ってコロコロの看板を務めたという意味ではドラえもんに近い存在と言えるかもしれない……?
こんな汚いドラえもんあってたまるか

登場キャラクター

じーさん

じーさんは「世の中の危険から身を守る方法」を教える一人の老人である。この漫画のボケ役。孫の財布を窃盗しようとする一面も。頭から拳を生やしたり、お鼻から手が出たり、お尻からミニじーさんを出したりと色々人間離れした能力を見せる。

じーさんの孫、このまんがのツッコミ役。じーさんや校長のおかげでエライ目にあっている。実はズラである。そして本名は「洋助」。

校長

孫が通っている学校の校長。じぶんが偉くなきゃすまない性格だ。孫の財布を盗んでカツ丼を腹一杯食べようとする一面もある。またでんぢゃらすじーさん邪の二巻表紙に校長のパラメーターがあるのだかそれによると、エライかもしれない度が最高なので、やはりエライのであろう。大長編では出番が少ない上にことごとく忘れられる。

ゲベ

じーさんの飼い猫である。じーさんによると「ほうれん草の8倍はかわいい」とのこと、またじーさんに向かって600キロでぶつかって爆発したので相当足がはやそうだ!

最強さん

頭にトゲが生えた真っ黒な巨人、文字通り最強である。ただし体調不良だと急激に弱体化し、喧嘩の弱い校長にすら瞬殺される。卑猥なネタが嫌い。

半·分太くん

漫画に半分しかでれない。彼の家族も半分である。家具も半分だ

お友だち軍団

「邪」シリーズの頃に活躍したサブキャラ集団。多くは読者の公募から誕生しており、それ故に小学生男子のノリ全開なカオス過ぎる面々が揃っている。上記の半・分太もその一員で、他には火ダルマくんや三子間弟下ヌなどが比較的知名度が高い。
単なる一発屋キャラも多いが準レギュラーに出世した者もそれなりに存在しており、なかなか侮れない。

題名

本作は題名を2回変えて連載されている。一番最初の題名が「絶体絶命でんぢゃらすじーさん」、そのつぎが「でんぢゃらすじーさん邪」、そして現在連載中の題名が「なんと!でんぢゃらすじーさん」と題名が変わっている
題名が変わっているが内容はほぼ変わっていない。強いて言うなら孫の服装が変わることくらい。

因みに作者によると「巻数が増えすぎて新たな読者が単行本を買うのを躊躇する事態を避けたい」という意外にも真面目な理由でタイトルを変えているんだそう。まあ確かに少年漫画系と違ってコロコロは読者の代替わり激しいもんね…

漫画内容

漫画の内容はじーさんや孫たちの面白い日常を描いている。
コロコロでも屈指の下品ネタの多さなのでう○こなどの下品ネタが多量に含まれる。ある意味コロコロの王道を往く漫画とも言える

作者

作者の曽山一寿?さんは本作の他にも漫画を書いている。

  • わさぼー?
  • わさぐぅ!?
    など…じーさんと違って過激なノリは控えめ。

アニメ

本作のアニメは過去3期に渡って放映されている。
第1期は2003年10月から2004年3月まで「おはスタ?」内で不定期に35秒間放送された。全33話。
第2期は2004年4月から2005年3月まで「ギャグコロスタジオ?」内で5分間放送された。全51話。
第3期は2005年3月から「おはスタ?」内で2分間放送された。全18話。
また2012年7月27日から2012年11月22日までOVAアニメ「でんぢゃらすじーさん邪」が発表された。じーさん傑作選 じーコロコミック邪に付属。全2巻・全17話。

おはコロ

『おはコロポップ』では2013年4月6日 - 2014年3月29日まで登場していた。

以下のコーナーは↓
・じーさんぽ
じーさんとおはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!が、町を散歩しながら、町の中に潜むでんぢゃらすな物を調べたりする。
・じーさんのでんぢゃらす占い!
じーさんが運勢をカードで占う。しかし、結果はろくなものがなく、場合によっては占いですらない時もある。
・じーさんのでんぢゃらす昔ばなし!
じーさんが昔話をパロディ化し、『でんじー』の登場キャラも取り入れて語り出す。

デジコロ

2016年7月から、うごくまんが デジコロ?ニンテンドー3DSにて配信された。全14話。内容は1話ごとに原作の1話によるもの。じーさんと孫の声はアニメ版から継続されているが、校長・ゲベ・ナレーションなどの声はアニメ版から一新されている。第9話以降はじーさんによるサブタイトルコールが追加された。
ナレーションは安達まり?

YouTubeでの活動

6月26日になんとYoutubeで活動を開始した。
2022年3月27日日現在の登録者数は10.6万人である。
ちなみにサムネのほとんどがよくあるアニメ系サムネ詐欺動画のような物である。*1

ゲーム

絶体絶命でんぢゃらすじーさん ~史上最強の土下座~

GBAにて発売。東京でみょみょみょ成人星人が来て世界征服に来てゲベ?が誘拐されたので取り戻しに行くゲーム。まさかの通信プレイができる。

絶体絶命でんぢゃらすじーさん~泣きの1回 絶対服従ばいおれんす校長~ワガハイが1番えらいんじゃい!!~

こちらもGBAにて発売。ゲームの目的を無視すれば数分でクリアできる。*2タイトル文字数はトップクラス。

コメント欄

  • じーさんの「じンテンドースイッチ、発売中止じゃ!」に対して、孫の「画面叩き割るぞ!」とのツッコミがとても鋭いな -- 2023-01-16 (月) 09:52:20

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 漫画 アニメ 月刊コロコロコミック でんぢゃらすじーさん 小学館 おはスタ おはコロ ギャグアニメ


*1 そうしないと子供は集まってこないのだろうか?
*2 余談だが、月刊コロコロコミック2021年2月号(第514号)で、実際にクソゲーと公式認定されたことがある。