ゆっくり茶番劇商標登録化騒動

Last-modified: 2022-06-15 (水) 22:54:38

この記事は中立的な視点で書くよう努めていますが、万が一中立的でない部分がありましたらコメント欄でお知らせください。
また、この騒動は現在進行中ですので、その場の不正確な情報を掲載することはお控えください。

この記事は最近の出来事を扱っています。情報が明らかになるにつれて、記事の内容が大きく変わることがあります。

ゆっくり茶番劇商標登録化騒動(-ちゃばんげき しょうひょうとうろくか そうどう)とは、2022年5月15日に起こった、「ゆっくり茶番劇」が株式会社柚葉企画によって商標登録・告示されたことによる騒動である。

概要

この騒動を引き起こしたのはYouTubeでゆっくり系の動画を投稿している「柚葉」というアカウントである。以前は「たまゆら」という名義で活動していた。
実は、昨年の10月にすでに商標登録が申請されており、3月に受理されている。そして、5月1日制定されることになったのだ。しかし、登録商標の取得が発表されたのは5月15日であった。
ちなみに、5月1日までは異議申し立てをする事が出来たのだが、それまでは公にせずあえて隠していた説が浮上している。

影響・反応

当初、この商標登録が認められたことにより、ゆっくり茶番劇、あるいはそれに類似するもので利益を得た場合、年間でなんと10万円もの利用料を払わなければならないこととなっていた。
だが、16日21時に利用料は取らないことに変更した声明を発表した。
しかし、権利は柚葉企画が所有すると主張しているため、今後利用料が変更される可能性もある。

これによりゆっくり界隈の衰退が予測されるばかりか、「他のコンテンツでも商標登録化が進むのではないか」と危惧している人も多い。
また、この騒動により日本のインターネットは大盛り上がり。
ツイッターでは「#ゆっくり茶番劇の商標登録に抗議します」「#柚葉を許すな」「#ZUNさん」「#異議申し立て期間」「#商標登録」などが相次いでトレンド入りした。また、多数のゆっくり実況者達もこの騒動に反応している。
また、この騒動によってゆっくり実況者が、動画の名称変更を相次いで行っている。例えば、中堅実況者のパトパトチャンネルでは、「ゆっくり茶番劇」から「フェイスアニメーション」という名称に変更する対策をとった。
主にDairi氏の立ち絵で物語を投稿している まったりさん氏は、「商標登録されたので、今日から『ゆっくりぢゃヴぁんげぎ』にします」と宣言し、笑いを取っている。
柚葉のツイートはフォロワーしかコメントできないようになっているが、そのフォロワーからも柚葉への注意がされている。

なお、15日19時頃、柚葉の所属するCoyu.Liveは、柚葉に対して警告処分を行うと決定した。事務所に無断での登録商標取得、アカウント買い取りの発覚など、今回の騒動が関係しているのではないかと推測されている*1

また、ひろゆき?氏や鋼兵?氏などがTwitterにて名前の後に『@ゆっくり茶番劇』を付けた事もネット上を騒がせている。

問題点

今回の商標登録は、商標法に定められた「他人の業務にかかる商品もしくは役務を表示するものとして需要者の間に広く認識されている商標は、商標登録ができない」という条項に違反しているのではないかという指摘がある。
そもそもゆっくりは東方Projectから派生した、いわゆる二次創作であり、営利化するのはガイドラインに違反しているのではないかと思われている。
しかし、ここ近年ではゆっくりのオリジナルキャラクターやそういったものにより複雑化して版権元が曖昧になってしまっていた。

また、この人物は『ゆっくりに東方Projectへのリスペクトは要らない、あんなの古参がイキって威張っているだけ(要約)』と以前から態度が問題視されていたり、元々あった非常に登録者が多いアカウントを買っているといった疑惑もある*2
そうしたことが今回の騒動に繋がったと考えられる。

柚葉氏は、「ゆっくり茶番劇は東方Projectとは一切関係がない、キャラクターを出して会話させる動画全般が『ゆっくり茶番劇』にあたる」としている(これに関しては異議が唱えられているが)。
なお、本人は過去にゆっくりは東方の2次創作であるという旨の発言をしているため完全に矛盾している。

その他にも、一個人に過ぎないYouTuberがこのようにして営利化するのは大多数に影響が出る危険性もある。
あくまで、今回は『茶番劇』という狭い部分ではあるが、いずれかはゆっくり全体に影響を及ぼしかねない。
および、騒動発生後の柚葉氏の対応・反応も、過度な自己の正当化、「効いてませんよアピール」など、問題点が多かったと指摘されている。
過去にも同じような事例として、ギコ猫事件などが発生している。

商標登録は取り下げられる?

先述の通り、異議申し立て期間はすでに過ぎてしまっているが、商標登録から5年以内なら取り下げの無効審判というものができるので、まだ希望がある。
しかし、その無効審判には30万円ほどかかる上、商標登録によって被害を被っている人*3でないとできない。また、請求者の本名も公開しなければならない。
そのため、神主とよばれるZUN氏が現在有力だと言われている。現在ZUN氏は無効審判を行ってはいないが、「法律事務所の方に相談したところ、商標権の効力は及ばないと確認されたので、ライセンス契約などをしてはいけない」との見解を示した。
また、柚葉氏やZUN氏、特許庁などに勝手に問い合わせしたりすることは、騒動がより混乱するだけでなく、執拗な問い合わせによって商標登録の無効審判で不利になる場合があるので、今は控えよう。
誹謗中傷や犯罪予告などもってのほかだ。
なお、早速Web上では署名運動も起きている。
また、5月21日、柚葉の所属するCoyu.Liveは、柚葉に対して商標権を放棄するよう指示した。

問題のツイート

このツイート内では名前の欄が隠されているのだが、特許庁のホームページでは申請した人物の「本名」と「住所」が閲覧する事ができてしまう。

動画

これが公式発表の動画。異議申し立て期間を過ぎてから発表したことになる。
なお、この動画も収益化されている。そのため、収益に貢献したくないけど見たいという場合はオンラインビデオコンバーターなど動画ダウンロードサイトなどを使おう。

各ゆっくり実況者からも困惑と抗議の声がでている

その他大量の動画があがっているのでまとめてこちらから閲覧してください

関連サイト

共有

コメント

特定の人物への誹謗中傷等、
公序良俗に反するコメントは予告なく削除され、
場合によっては投稿規制されることがありますのでご注意ください。

削除基準については当Wiki規則をご参照ください。
  • 会社立ち上げてないのに「当社」って使ってるけどさ。個人を企業と勘違いさせる文面は刑事罰があったような... -- 2022-05-23 (月) 21:45:21
  • https://twitter.com/yuzuha_youtube/status/1529009480767156225?s=21&t=S23HZI1a5ZMzhVL1GmJJPg 決着です。 -- 2022-05-24 (火) 19:18:59
    • まぁ、本人は被害者意識出して反省の言葉が1つないのが癪に障りますが...あと資材の森関係もガサ入れとかないんでしょうかね~? -- 2022-05-24 (火) 19:22:44
  • オタクがフェミみたいな動きしてて草 -- 2022-05-24 (火) 23:40:23
    • 安直なレッテル貼り…頭柚葉だなオメー -- 2022-05-25 (水) 06:10:03
      • [速報]柚葉、悪口になる -- 2022-05-25 (水) 11:08:45
  • 柚葉は商標登録の解除を行いましたが、荒れ防止のため現在記事が凍結されており編集ができません。ただいま凍結解除について議論しておりますので、しばらくお待ちください。ご迷惑をおかけし申し訳ございません。 -- あさかはじゅん 2022-05-25 (水) 12:28:20
  • 結局夜逃げでは無いのか。一刻も早く終息を願うよ。 -- カブトムシ(編集者) 2022-05-26 (木) 10:26:55
  • なんか他のクラスメイトが「ゆっくり茶番見てたら馬鹿にされトラウマになったから腹いせでやった説」って言ってるんだけど() -- 2022-05-27 (金) 14:14:08
  • 「ゆっくり茶番劇」およびそれに類似する語句は、株式会社柚葉企画の登録商標です。←この注釈がいつのまにか複数ページに散りばめられていたので一斉除去しておきました -- 月魔導士ルーナ 2022-05-28 (土) 11:24:53
  • 今後、他人のコンテンツで小遣い稼ぎするせこい盗人を「柚葉する」とか言われるんか・・・。やったね!おめぇ有名人じゃん! -- 2022-06-02 (木) 20:38:30
  • 柚子(ゆず)の花言葉は「健康美」「汚れなき人」 -- 2022-06-05 (日) 21:12:33
  • 揺擦歯やぞ -- 2022-06-15 (水) 22:54:38

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?


2022/05/1627103

タグ

Tag: 騒動 事件 ゆっくり実況 ゆっくり茶番


*1 未確定の情報ですので、参考程度に読んでください
*2 この疑惑は今回の騒動により明るみに出た
*3 この場合、上海アリス幻樂団の人か、ゆっくり茶番劇をやっていて利益を得ている人、ゆっくり素材の版権者などが該当する