アイスランド

Last-modified: 2020-08-08 (土) 18:54:51

アイスランド(アイスランド語:Ísland)は、北ヨーロッパの北大西洋上に位置する島国で、共和制を取る国家。

アイスランド共和国
アイスランド地図.gif
国旗
アイスランド国旗.png
基本情報
公用語アイスランド語
首都レイキャヴィーク
最大の都市レイキャヴィーク
面積10万3000㎢(105位)
人口35万5620人(170位)
通貨アイスランド・クローナ(ISK)

どんな国?

アイスランド写真.png

国名の「アイスランド」はヴァイキングのフローキ・ビリガルズソンが沿海に流氷が浮んでいるのを見て名付けたと言われている。
アイスランドは火山活動により1600万年前に北大西洋に誕生した。その後、9世紀末から10世紀にかけて、ノルウェー人とスコットランドおよびアイルランドのケルト人がフェロー諸島を経由して移住。13世紀以降はノルウェーおよびデンマークの支配下に置かれる。19世紀に入り、国民はヨン・シグルズソンを中心に独立運動を展開。結果、1874年に自治法が制定され、1918年にデンマーク国王主権下の立憲君主国、アイスランド王国として独立(同君連合)。そして第二次世界大戦でデンマークがナチス・ドイツに占領されたのを機に1940年、イギリス軍が駐留。1944年6月17日に共和国として完全な独立を果たした。
政治面では「世界で11番目に汚職が少ない国」と評価され、実際に1980年、直接選挙によって選出されたヴィグディス・フィンボガドゥティルは世界初の女性大統領である。
外交面では北欧諸国との協調を重視している。欧州連合(EU)には加盟していないが、欧州経済領域(EEA)やシェンゲン圏の一部として他のヨーロッパ諸国とも密接な関係を維持している。
地理的には、アイスランド島が主な領土と言えるが、実は他にもイギリスとのタラ戦争の舞台にもなった漁業基地であるヴェストマン諸島、北極圏上にあるグリムセイ島などの周辺の島嶼も領有する。高緯度にあるためメルカトル図法の地図では広大な島のように描かれるが、実際の面積は10万2828平方キロメートルと、フィリピンのルソン島や、大韓民国とほぼ同じである。
多くの火山が存在し、温泉も存在するほか、豊富な地熱を発電などに利用している。一方で、噴火による災害も多い。たとえば、2010年にはエイヤフィヤトラヨークトル氷河の火山が噴火し、欧州を中心に世界中で航空機の運用に大きな影響を与えた。ただし、「自然災害」のほか「紛争・戦乱」「治安など個人の安全」の3つのリスクで128カ国を比較した「世界で最も安全な国ランキング」*1では、2019年が第1位、2018年が第2位だった。
沿岸には多数のフィヨルドがある。火山性の土壌で大地は肥沃とは言えない。また、アイスランドの森林はかつて乱伐が行われたことも手伝って、現在の森林面積は国土の0.3パーセントしかない。暖流である北大西洋海流の影響を強く受けているため、大量の熱が輸送され、アイスランドは高緯度に位置するにもかかわらず比較的温かい。
経済面ではアイスランドは金融立国であり、国家経済が金融に強く依存していたため、2008年の世界金融危機の影響を強く受けて2008年10月に債務不履行となった。その後、自国通貨アイスランド・クローナも暴落したが、これが漁業やアルミニウム工業などの輸出産業にとっては有利に働いたため、かえって景気が回復することになった。それによって経済成長率は2012年度には1.5パーセント、2013年度には3.3パーセントを達成した。また、経済危機の直後には8パーセントを超えていた失業率も、2015年では4パーセント台で推移している。さらに来島する旅行者が急増して観光業が成長しているほか、IT分野などのベンチャー企業の育成・誘致にも力を入れている。2016年の経済成長率は7.2パーセントに達した。
また、アイスランドの周辺海域は世界有数の漁場であり、漁業も盛ん。以前よりは少なくなったとはいえ、魚介類やクジラが食卓にのぼることもしばしばである。しかし、漁業以外にも伝統的に狩猟によって海鳥を食べてきており、また牧畜が比較的盛んであり、食肉も生産されていて肉料理も食卓にのぼる。なお、これらの水産、狩猟、牧畜の産品は燻製にして長期保存が可能にした。また、チーズやバターなども生産されており、それらを使った料理も見られる。
余談だが、アイスランド人の名前は姓がないという特徴を持つ。名前は「ファーストネーム+父称」で構成され、アイスランドの電話帳はファーストネーム順に編集されている。

国民

言語

アイスランド語

宗教

人口の約8割が福音ルーテル派(国教)

略史

・870年~930年頃
ヴァイキング,アイスランド植民。
・930年
アルシンギ(立法・司法機関)設立
・1262年
ノルウェーの統治下に入る
・1397年
デンマーク王の統治下に入る
・1918年
独立(デンマークとの同君連合)
・1940年
デンマークがナチス・ドイツに占領される状況の下,英軍に占領される。
・1944年
アイスランド共和国成立
・1949年
NATO加盟
・1994年
欧州経済領域(EEA)協定発効

経済

水産業及び水産加工業が盛んで,水産物輸出が経済において大きな比重を占める。また,再生可能エネルギー(地熱及び水力による電力)を用いたアルミ精錬やフェロシリコン(鉄鋼原料)生産も盛んである。また,近年では観光業が好調。2008年の金融危機後はIMFや北欧諸国等からの融資を受けていたが,2011年8月の融資を最後にIMFの支援を卒業。経済は回復基調にあり,成長率及び失業率何れもEU平均より良好な数値を示している。エネルギー分野では,再生可能エネルギーの利用が進んでおり(一次エネルギー利用の約85%),特に,そのうちの66%を占める地熱は総電力生産の25%を担うとともに,全国の住宅の約9割に暖房を供給している。また,温室栽培や温水プール等にも活用されている。

主要産業

観光業,水産業,水産加工業,金属(アルミニウム精練)

GDP

229.7億米ドル(2017年推定値,IMF)

一人当たりGDP

67,570米ドル(2017年推定値,IMF)

経済成長率(実質)

5.7%(2017年推定値,IMF)

物価上昇率

2.4%(2017年推定値,IMF)

失業率

3%(2017年推定値,IMF)

総貿易額

(1)輸出
10,178.3百万米ドル
(2)輸入
9208.2百万米ドル
(2017年,OECD統計)

主要貿易品目

(1)輸出
未加工アルミ,水産物,肉・くず肉の粉等,合金鉄
(2)輸入
燃料,炭素系電子機器,自動車,酸化アルミニウム(アルミナ)

主要貿易相手国・地域

(1)輸出
EU,米国,ノルウェー,中国,日本,ロシア
(2)輸入
EU,ノルウェー,米国,中国,日本,豪州,ブラジル,サウジアラビア,トルコ
(2017年,アイスランド統計局)

通貨

アイスランドクローナ

為替レート

1クローナ=約1.05円(2018年2月)

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

現在?
今日?
昨日?
合計?

*1 『グローバルファイナンス』誌