アウガ

Last-modified: 2021-10-06 (水) 06:48:00

アウガ(正式名称:フェスティバルシティ・アウガ)とは、青森県青森市の青森駅前に存在する複合施設である。


フェスティバルシティ・アウガ
外観
情報
用途図書館、市場、市庁舎、その他
設計久米設計
運営青森市
事業主体青森市、株式会社 青森駅前再開発ビル
総床面積54505 m²
構造鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造
階層地上9階、地下1階建て
竣工2001年1月
開業2001年1月26日

概要

青森駅前第二地区第一種市街地再開発事業によって建設され、2001年1月26日に開業した。総事業費は約185億円である。
ビル内には青森市民図書館や青森市役所駅前庁舎、新鮮市場などが入居している。

この施設は青森市が空洞化した市街地に賑わいを取り戻すために構想したコンパクトシティ構想の一部として建設された。
建設当時はコンパクトシティの象徴として、全国からの視察が多くあった。

しかし、結果としては空洞化した市街地に賑わいを取り戻す事は出来ず、2億5000万円の赤字を計上し、当時の市長が責任を取り辞任する事態となった。
また、赤字が止まず、2016年には青森駅前再開発ビルが倒産するなど、典型的なハコモノ行政の失敗プロセスを辿ることとなった。

アウガという名称は、Attraction(引き付ける力), Upbeat(陽気、上昇),Gusto(心からの楽しさ),Amusement(楽しみ、娯楽)という四つの英単語の頭文字から付けられている。

沿革

年表

1977年青森商工会議所による青森地域商業近代化実施計画が策定される。
1979年青森駅前地区市街地再開発事業基本計画が策定される。
1985年準備団体である「青森駅前第二地区市街地再開発準備組合」が設立される。
1992年運営会社として第三セクターの「株式会社 青森駅前再開発ビル」が設置される。
1999年再開発ビルが着工する。
2001年竣工、開業する。
2017年新鮮市場、青森県信用組合などを除き閉館する。
2018年青森市役所の窓口機能が全面移転される。

テナント

現在のテナント

9階青森市民図書館
8階青森市民図書館
7階青森市民図書館
6階青森市民図書館,青森公立大学青森市つどいの広場
5階男女共同参画プラザ,青森市まちなか保健室
4階青森市役所駅前庁舎
3階青森市役所駅前庁舎
2階青森市役所駅前庁舎,青森銀行 市役所支店
1階青森市役所駅前庁舎,青森信用組合 駅前支店
地下1階新鮮市場

かつて存在したテナント

4階アイ・プラザ,JTBトラベランド,100円ショップシルク,AugA PRESTO
3階ヴィレッジヴァンガード,パナマボーイ,U.S.BOARDER
2階ASH D.N.A,しんまち眼科,ユアコンタクト,ジェイエステティック,弁護士法人アディーレ法律事務所 青森支店
1階INDEX,SPC,Clambon cafe

外部リンク

公式サイト
青森市

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 商業施設 青森県 青森市 ハコモノ行政 コンパクトシティ