アグネスデジタル(競走馬)

Last-modified: 2022-05-22 (日) 01:31:05

この頁では、実在の競走馬について解説しています。
ウマ娘アグネスデジタルについてはアグネスデジタル(ウマ娘)?(未作成)をご覧ください。


真の勇者は、戦場を選ばない。



──人々は忘れないだろう。
芝、ダートも関係なく突き進み、
あの世紀末覇王?に引導を渡し、
絶望的とも思われた状況から幾度となく勝利をもぎ取ってきた『勇者』を。

······しかし、その戦績を見たファンの間では、いつしかこう言われるようになった。──『変態』と。

概要

1997年生まれの競走馬。主な勝ち鞍は2000年のマイルCS(1600m,GI)、2001年のマイルCS南部杯(1600m,ダートGI)・天皇賞秋(2000m,GI)・香港カップ(2000m,GI)、2002年のフェブラリーS(1600m,ダートGI)、2003年の安田記念(1600m,GI)。主戦騎手は的場均(2001年引退)→四位洋文?
2001年JRA賞最優秀4歳以上牡馬。芝・ダート、JRA・地方競馬、さらに海外まで、遠征・転戦も苦にせずGⅠ6勝を挙げたオールラウンダー。
デビューから暫くはダートのレースを走らせていて、芝も走らせたのだがダメだったようである。······しかしマイルCS。驚異的な末脚を見せつけ勝った。
そこから暫くはゲームのような転戦を続ける。ダート、芝中距離、海外、ダートマイル、······疲労もあっただろうに、その間故障と言っていい故障がなかったのも『変態』と呼ばれる所以であろうか。
天皇賞秋では当時絶対的と言ってもいい強さを誇っていたテイエムオペラオー、そしてその覇王に一矢報いたメイショウドトウ?、また当時新進気鋭のクロフネ?を相手取り勝利。やべえ。
そして最後は安田記念で復活の勝利を遂げ、その後の有馬記念で引退する。競走成績は32戦12勝(うちGI6つ)。


アグネスデジタルの特徴と言えば、勝鞍の距離は1600~2000mに集中しているのだが、芝・ダート問わず、中央・地方・海外とどこの競馬場も関係なく、そして無茶な転戦にも耐えて結果を残したオールラウンダーぶりということである。
後年、JRAのヒーロー列伝で与えられた短評は「真の勇者は、戦場を選ばない。」である。その他、「万能の名馬」「異能のスーパーホース」などの異名で讃えられた。
また、これは勝てまいという予想を覆しGⅠ勝利を挙げることも複数回、競馬ファンからは理論外の変態馬としても名前が挙がる。

コメント欄

  • 真面目な解説記事に「デジたん」はちょっと… -- 宵崎ウエハース(編集者)? 2021-09-26 (日) 18:41:30
  • すいません、脳死で編集してました······ -- 水色瞳 2021-09-26 (日) 18:59:04
  • とりあえず曖昧さ回避のテンプレ貼っつけておいたゾ -- Power_Trip 2021-10-10 (日) 09:14:56

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 競走馬