アノマロカリス

Last-modified: 2020-09-20 (日) 12:45:33

260px-20191203_Anomalocaris_canadensis.png
アノマロカリスとは、カンブリア紀中期の海にいた古代生物である。

詳細

学名はAnomalocaris。体長は60cm~1m程度で大きいものは2m以上にもなる。
バージェス頁岩などで化石が発見されている。
本種は19世紀末に発見され、当時は海老の仲間と考えられていた。
学名のAnomalocarisは奇妙なエビという意味。
その後胴体や歯などの化石が見つかったが別の生き物と考えらていた。
1985年に再検討され現在の姿が明らかになった。

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: カンブリア紀