アミガサタケ

Last-modified: 2021-11-26 (金) 18:14:24


アミガサタケとは、アミガサタケ科に分類される子嚢菌類のきのこの一種である。

概要

 春に生える代表的なきのこで、庭などの身近な場所で見かけることもある。一口にアミガサタケと言っても「トガリアミガサタケ」「アシブトアミガサタケ」など細かく分類される。
 いずれも見た目は気持ち悪いがれっきとした食用きのこであり、ヨーロッパでは高級食材として珍重される。ただし生で食べると中毒を起こすため注意が必要。また、トガリアミガサタケからは微量のヒドラジン類も含まれるためアミガサタケ類のきのこはしっかり内部まで熱を通してから食用にする。
日本では乾燥させたものが稀に市場に出回り程度だが、公園や芝生など本当に身近な場所で見つけられるので探してみてもおもしろいだろう。

コメント

 

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: きのこ