アミゾン

Last-modified: 2020-10-07 (水) 15:29:13

o0658046614351858037.jpg.jpeg
フナ

概要

5000万年くらい前(新生代始新世)の北アメリカに生息していた魚で、現代のコイやフナに近い仲間。大きさ25センチくらい。
名前は「吸い込むもの」という意味で、コイのように口を斜め下に伸ばして水底のものを吸い込む事ができたようだ。
 
ちなみにこいつが属するコイ目サッカー科というグループは和名をヌメリゴイといい、現在でも北アメリカに生息している。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ
Tag: 古生物