アメリカザリガニ

Last-modified: 2021-09-23 (木) 08:10:37


By Bo Mertz - 452A1588.jpg, CC BY-SA 2.0,
アメリカザリガニとは エビ目アメリカザリガニ科に分類されるザリガニの一種。

詳細

学名は、Procambarus clarkii (Girard, 1852)
漢字表記は 亜米利加蝲蛄
「ザリガニ」、「マッカチン」、「エビカニ」 、「カニエビ」、「アメザリ」とも呼ばれる。
繫殖期は5~11月。

メキシコ北部からフロリダ?にかけての米国?・メキシコ湾沿岸と、イリノイ?オハイオ?南部にかけての内陸部から、
食用ウシガエル?の養殖用の餌として移植された。

またアジア、アフリカ、ヨーロッパ、その他の南北アメリカ諸国などにも移入。

1927年?5月12日?持ち込まれた。この時生きていたザリガニは20匹である。
そのため、5月12日は「ザリガニの日」である。
日本の侵略的外来種ワースト100?に指定されている。
アメリカザリガニは、早ければ2023年に特定外来生物に指定される予定である。

突然変異により青色や白色、金色のアメリカザリガニも生まれることもある。
アメリカや中国では食用にされ、
味は、エビと同じである

ウチダザリガニとの違い

ウチダザリガニは、ハサミの一部分に白い部分がある。
アメリカザリガニは、ハサミに白い部分がないところで見分けることが出来る。

コメント欄

  • エビの味も何も元々エビだろ…… -- 2020-07-12 (日) 21:50:51
  • ヘイヘーイ! -- ちっぺっつ 2021-08-31 (火) 20:37:02
  • 「食べるとエビのためエビの味がする。」ザリガニ? -- モダニズムを愛でるオ 2021-08-31 (火) 20:38:47

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 水生生物 ザリガニ 甲殻類