アヤノの幸福理論

Last-modified: 2022-08-16 (火) 08:55:07
心に残した思い出の話。
「そんな日々を、いつまでも願おう」

カゲプロ曲順

概要

制作者
作詞じん(自然の敵P)
作曲じん(自然の敵P)
編曲Ryosuke Nakanishi
イラストしづ
IA

アヤノの幸福理論とは、2013年4月22日に動画投稿サイトに投稿された、じん?氏によるVOCALOIDオリジナル楽曲のことである
じん氏にとって、16作目にあたるオリジナル楽曲である。また、「カゲロウプロジェクト」楽曲としては11話にあたる楽曲となっている。
本楽曲を歌唱しているのは、VOCALOIDのIAである。
イラストをしづ氏が手掛けている。また、アレンジをRyosuke Nakanishi氏が、ベースを白神真志朗氏が、ドラムをゆーまお氏が演奏している。そして、ずきお氏が調声協力している。

楽曲再生数

ニコニコ動画

投稿されてからおよそ5分ほどで1万再生を超え、翌日の0時8分に殿堂入りを達成。VOCALOIDオリジナル楽曲としては史上最速の殿堂入りを果たした。なんとたったの、4時間11分だ。
その後、2013年7月19日にはニコニコ動画にて自身10曲目となるミリオン再生(100万再生)を達成した。
10曲ミリオン持ちPはじん氏が史上初である。
ちなみに、ミリオン再生までにかかった日数は88日である。
また、2013年の年内ミリオン達成曲の一つである。
現在は290万回ほど再生されている。

YouTube

YouTubeでは、1000万回再生以上再生されている。
VOCALOID楽曲でテンミリオンを達成している楽曲の一つである。

動画

歌詞

思い出していたのは
また、家族の事
「アヤノはお姉ちゃんだから
皆の事、よろしくね」

赤煉瓦の壁 小さな家の中で
ひそひそ話そう 秘密の作戦みたいに
連れて来られた 三人の真っ赤な目には
大人に隠していた 過去がある

怯えた顔で 「僕は化物だから」
私は告げる 「そんなことはないよ」って
「真っ赤な色は主人公の色だから、
怯えていなくても、良いんだよ」

面白い事 悩んでは
今日もお姉ちゃんぶって
「ほら、見ていて」 赤いマフラー巻き付けた
『秘密組織みたい!』

茜色、染めて、始めよう
小さな「ヒーローのフリ」だけど
「少しでも、また笑えたら」って
今日も家族でいよう

「幸せ」を願おう、先にある未来が
どれだけ 悲しくても
「このことは秘密だよ」
楽しくて 陽が沈んだ

春風巡り 大人になった世界は
理不尽に曲がる 誰かの陰謀みたいに
膨らんで消えた 愛する人の涙は
誰も気付けなくて、黒くなる

狂い出していた
気付いたらもう 誰にも言えなくて
「嫌だ、嫌だよ。壊れるのは」
幸せの終わる世界が来る

「茜色、お願い。
これ以上、誰かの未来を壊さないで」
泣きながらまた、考える
笑顔に隠したまま

「赤目色、それが私なら
誰かの未来を 救えるかな」
不器用で、情けない
独りぼっちの作戦だ

私が消えた あの日の秘密組織は
ちゃんと笑って 暮らせているのかな
きっと、私は怒られちゃうなぁ
だけど、ちゃんと「お姉ちゃん」になれたかな

思い出してみよう
あの好きだった言葉
「幸せ」ってなんだか不思議
明日のこと、好きになれる

詳細

カゲロウプロジェクト

目に浮かぶ話。

本楽曲は「カゲロウプロジェクト」の11話にあたる楽曲となっている。
MVに登場する、赤いマフラーをつけた少女の名前は「楯山文乃(アヤノ)」である。ちなみに、登場する子供たちは「木戸つぼみ(キド)」「鹿野修哉(カノ)」「瀬戸幸助(セト)」の幼少期である。
また、アヤノはメカクシ団「No.0」、つまり最初の団長であった。
カゲロウプロジェクト内の楽曲では珍しいバラード調の曲である。
また、歴代楽曲から楽曲ランキングを決める『カゲプロ楽曲総選挙』にて、11位を獲得した。(Twitter『カゲプロ楽曲総選挙』)

カゲプロ曲順

CD収録

  • メカクシティレコーズ

に収録されている。

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: VOCALOID IA じん カゲロウプロジェクト