イヤホンと蝉時雨

Last-modified: 2021-11-28 (日) 16:38:37

イヤホンが鳴り止んだ。
その一瞬訪れた静寂の中で、それは確かに笑っていた。
その世界では何もかもが完璧に思えた。
夏が好きだった。あの日本の夏が。

概要

作詞Orangestar
作曲Orangestar
編曲Orangestar
IA
  • イヤホンと蝉時雨とは、2014年7月17日に発表された、Orangestar氏による楽曲。(自身13作目)
  • 歌唱しているのはVOCALOIDのIA
  • イラストはM.B氏が手掛ける。
  • 反響が大きく、自身初の殿堂入りを達成。
  • そして、2017年1月26日にニコニコ動画で自身2曲目となるミリオン(100万再生)達成した。

動画

歌詞

I need some holiday
But I don't wish that everyday is holiday
Because I didn't bear the pain
Because it wasn't a true freedom

捨てる程に不味くもないが 言える程に美味しくもないな
自販機専売ゲテのモノ 飲み干した今日は夏の色
日差しも照りつけたんだ相当 熱いアスファルト駆け出した
知らん世界で一人旅を 昔から憧れてた夏の世界

人影の無い街の陽炎 イヤホン流れ出したメロディ
掻き消すは蝉時雨と 風に纏った夏の音
何かと駆られてたんだ焦燥 昨日の思いも吐き出せない
不安と後悔の結露を 夕立が洗い流していく夏の世界

夏の夢に染まっていたいだけ
要らない思いを消したって 泣き止まぬ声は五月蝿いな
ほら大丈夫問題ないさと
強がりの思いも吐き出した 空になる僕の存在感も透過して

夏の夢に染まっていたいだけ
お願いどうか覚めないでよ

消え去った木陰は 泣き止んだ空は
何処へ行ったの? この声は何なの?
泣き声に溺れた 夏の隅で
笑うような

このまま今日に染まっていたいだけ
何か欲しがってしまう度に 何か失ってしまうならば

なんて願ってしまう僕はもういないから
明日何を失っても 未来へ向かうと誓うからさ
あの夏の色を忘れてしまうくらいなら
この涙も代償と 笑顔で歌える僕でまた いられるといいな

I need some holiday
But I don't wish that everyday is holiday
Because I didn't bear the pain
Because it wasn't a true freedom

英語歌詞翻訳

Google翻訳

休日が必要です
しかし、私は毎日が休日であることを望みません
痛みに耐えられなかったので
それは本当の自由ではなかったので

DeepL翻訳

休みが欲しい
でも、毎日が休日であってほしいとは思いません。
痛みに耐えられなかったから
真の自由ではなかったから

CD収録

Orangestar氏の1stアルバム、「未完成エイトビーツ」に収録されている。

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: VOCALOID IA Orangestar