インターネット上で強化された人物・キャラクター一覧

Last-modified: 2022-02-27 (日) 03:16:03

このページでは主に、世間並びインターネット上で最強化されてネタにされた人物やキャラクターを列挙するものである。

インターネット上における人物・キャラクターの強化ネタとは

世間体及びインターネット上において何かしらの理由で人物やキャラクターがネタに、そしてそこから権力や能力が神と同等、もしくはそれより上に強化される場合がある。
こういったもので早くから世間体で強化、神格化して語られるようになったのは美輪明宏?氏であり、現在でも神々しい絶対神として幅広い世代に語られる。
また、海外のカートゥーン「スクーピー・ドゥー?」で登場するキャラクター、シャギーもある理由からネタにされて強化されて語られるようになった。
日本では完成度の高い芸術、能力、人格を「神っぽい」「神がかってる」等「神」という言葉を使って賞賛することが特に多く、それも影響してか多くの人物やキャラクターがネタとして神格化、強化されることが多い。
因みにこのインターネットミームで最も長く強化、神格化がもてはやされたのは元レスリング選手の吉田沙保里?やマクドナルドのキャラクタードナルド・マクドナルドであり、現在でもオワコンと言われながらも細々と続けられている。
基本的に世間上でのネタなので公式という訳ではないが、稀に本人が認知する、あるいは公式ネタ、公式設定にまでなってしまうことがある。

種類

インターネット上で強化されたキャラクターにも、強化のされ方に複数の種類がある。

  • 畏怖
    出てきた途端、「ヒェッ」「ゆるして」などと言った悲鳴が飛び交い、あるいは吉田沙保里?のように本人に対して敬語コメントが相次いだりと、畏怖の対象にされる。
  • 信仰
    ニコニコ三大宗教?のように、ミームの主題となるキャラクターや人物が「~が~されるようです」「~様万歳!」といった具合に尊敬され、信仰される。
  • 設定拡張
    既存のキャラクターや人物が、二次創作を介して強化されていく。
    ナオト・インティライミ?がその例。

一覧

名前(五十音順)設定解説
ASTK姉貴?封印された存在クッキー☆声優。名前からBB劇場ではアステカみたいな石に封印された存在として登場することが多い。登場すると高確率で歌い出し、その奇怪な歌い声を歌う事で世界中のあらゆる物や生物をアステカ文明にありそうな石に変えてしまう。文明に終末を齎す存在とも言える。
あなまろ家族?最強「自分の命より大切な存在」「守りたい家族」「最強」の謳い文句と共に撮影者のフェイスブック上に投稿された6人家族のチワワの写真。数日後に申し訳程度の氷と共に、6匹全員が同じポーズで並んでいる遺骸の写真が投稿された。「最強」とまで称されたあなまろ家族がなぜこのような敗北を喫したのかについて、日々激論が交わされている。
安倍晋三森羅万象担当大臣日本の第90、96、97、98代内閣総理大臣。元々今年の一文字を聞かれて「変化」と答える、トランプ氏とのゴルフで坂に躓いて転ぶなどが有名になり、ネタにされまくっていたが、2019年「総理なので森羅万象をすべて担当している」という発言から森羅万象がトレンドに挙がり、その後、森羅万象担当大臣というネタが生まれた。森羅万象とは宇宙に存在する一切の物事のことを指し、安倍晋三が世界の災害を支持しているのではないかと言われている。
阿部高和いい男ヤマジュンの成人向けゲイ漫画「くそみそテクニック」にて登場した自動車修理工のキャラクター。通称阿部さん。「やらないか」の5文字は非常に有名。タチ役の道下正樹が初見時に発した「ウホッ」はかつてはTDNの「アッー!」と共にホモネタの筆頭格としてネットを二分し、それぞれの元ネタを混同する者が後を絶えなかった。ありとあらゆる男性を「食っちまう」絶対の存在として君臨する。
新垣結衣?計画犯
黒幕
女優。ガッキーの愛称で知られている。サイコ・インティライミに関するツイートで星野源との関係が判明した。星野源を裏から操る黒幕であり、その計画の判断は堺雅人に握られている。
荒木飛呂彦?究極生命体
人知を超えた存在
漫画家。代表作は「ジョジョの奇妙な冒険」である。何年経っても変わらない見た目の若さから、いつしか究極生命体と呼ばれることとなった。究極生命体はジョジョ二部に登場するキャラクター、カーズが最終決戦で経た新形態であり、永遠に年を取らないばかりかあらゆる点、分野で強力に進化している。またそれに伴い、ルネッサンス期に正体が確認されている、モナ・リザのモデルである、新選組の副長「土方歳三」である、などかなりとんでもない設定を獲得している。人知を超えた存在なのは間違いないが、吸血鬼なのか、波紋使いなのか、はたまた究極生命体なのかは明らかになっていない。戸籍などの法律問題に引っかかっていないことから政府と密な関係を持っているのではないかと言われている。なお本人は奇声を上げながら原稿を執筆していたり30代までピンポンダッシュをしていたりとかなりの変人である。
池田茂美恐怖「茂美怖いでしょう...」という城之内の発言が有名。城之内のメイドであり、あらゆる効果音に「☠」が付く。
宇月幸成女神かつての地雷生主で、事実上クッキー☆を企画した一人であり、一部声優の選出もし、自身も声優として企画に出演、炎上時における数々の悪手によってクッキー☆というコンテンツを成立させてしまった最重要人物の一人。しかし、何だかんだで数年後に戻ってきたり気にせず別界隈で活動を続けたりする者も多い中、炎上後に失踪してから一切の消息が不明である稀有な存在。一つの世界を作り上げた最重要の人物でありながら未だ謎多き存在というのは普遍的な神のイメージそのものなため、神格化されたりする。
ウラジミール・プーチン?超人
不老不死
現ロシア大統領。プーチン大統領を題材にしたカレンダーで雪の中半裸で熊に乗っている写真が掲載されて話題に、またその後シベリアでの大寒波にて、猛烈に寒い冬の中プールでバタフライを泳ぐプーチン大統領の写真がFacebook上で投稿され、これも瞬く間に話題に、これらのワイルド極まりない写真は先の「便所の中にいても見つけ出してやる」といった強烈な発言と相まってプーチン大統領を使ったコラ画像が流行った。時にはライオンに乗り、時には機関銃を持ったりと、多くのコラ画像が作られた。また、1900年代から今までプーチンによく似た人物が写っている写真が撮られており、「プーチン大統領不老不死説」という都市伝説が作られている。
江戸川コナン死神推理漫画「名探偵コナン」に登場する主人公。彼の行く場所では必ず事件が起こるため、実はすべての事件の元凶である、「死神」であるなどの説が現れた。同じく推理漫画である「金田一少年の事件簿」の主人公「金田一一」と共に描かれる場合もある。
おじいさん(ヴェルタースオリジナル)魔王
崇拝対象
2007年からニコニコ動画上で有名になったCMに登場するキャラクター。ヴェルタースオリジナルのCMに登場するキャラクターで、キャンディを取り出した時のおじいさんの画像を左右対称にすると禍々しい老人が現れ、また台詞にある「特別な存在」が歪曲して伝えられたことで「ヴェルタース教」という勢力が現れた。
香椎亜貴?ルシファーアニメ「DYNAMIC CHORD」に登場するバンド「rêve parfait」のドラマー。アニメ版での彼の歌う曲「Christmas Carol」は残酷な内容の歌詞が多く、アニメ11話においてその曲が流れ、締めに「僕はルシファーってことで」という歌いと共に彼の満面の笑みが映された事で、「シリアルキラー」「この顔見たら100番」のイメージがついてしまった。
黒柳徹子?魔女
死神
タレント。「徹子の部屋」という番組を持っている。かつてより「魔女」という異名が付けられていたが、2020年頃からYoutube上で徹子の物真似で「今夜、私が頂くのはお前の魂です。」というネタが受け、新しく「死神」の異名が付与されることとなった。因みに徹子の部屋にて美輪明宏と共演した回は「神々の対話」と言われている。
金田一一?死神推理漫画「金田一少年の事件簿」に登場するキャラクター。行く先々で殺人事件が起こり、同じく推理漫画「名探偵コナン」に登場する江戸川コナンと比較される。正直コナンの死神の力とは比較にならないレベルの凶悪な死神の力を持っており、重要キャラやちょっと映っただけのモブキャラ、更には犯人のキャラまで殺されてしまう。コナンは運が良ければ日常回で終わることとなるが、金田一は自分さえ殺しかけてしまうほどの強力な死神の力を持っている。
AV男優。真夏の夜の淫夢第三章で東大生役として登場。ニコニコ動画にて2013年6月に視聴者のめぼしいニコニコ生主の配信に「野獣先輩名義で凸する動画にて、ある凸待ち配信にいた外国人の気を引くために「GO is GOD」とコメントしたことから始まり、そこから2016年~2018年までの爆発的な淫夢ブームにてこの強化ネタは広く知れ渡ることとなった。現在ではどちらかといえば権威の高い人間、あるいは有名人になる場合が多い。
KOS-MOS?邪神モッコスゼノサーガシリーズに登場するキャラクター。ゼノサーガエピソードⅡの限定版に付属したフィギュアが目も当てられない出来の悪さだったことが注目され、作中の彼女と似ても似つかないその禍々しい姿は邪神像と揶揄された。この件以降、作品内の描写から遠く離れ、恐怖の象徴として恐れられる存在と化した。
小林幸子ラスボス演歌歌手。紅白歌合戦などで本人の巨大な人形が配置される、それに加えて派手な装飾が毎回加えられる、本人の服装がそもそもラスボスに相応しいなど、数々の要素からラスボスと称されるに至った。本人公認のネタであり、世間でも「ラスボス」の異名が知れ渡っている。
斉藤ふさ子?燻痛王東京都杉並区を統べる学会員の女帝。その服装から「歩くローソン」の異名をとる。その闊歩は容易に舗装道路を貫き、柴田理恵の猛攻をノーガードで防ぎ切り「クンツォ」の一言で粉微塵に消し飛ばす地上最強の存在。また、決して「おばさん」と言ってはいけない。
堺雅人?全ての元凶俳優。ドラマ「半沢直樹」にて主人公の半沢直樹を演じた人物で有名。サイコ・インティライミに関するツイートで新垣結衣との関係が判明した。新垣結衣を影から操りある計画を達成せんとする者であり、その計画が何なのかは判明していない。
桜井政博?
森羅万象
ゲームクリエイター。代表作は「星のカービィ」「大乱闘スマッシュブラザーズ」。独特のユーモアセンスがあり、また本人も熱烈なジョジョファンである。それに加えて本人は年を重ねても見た目が老けないことで有名。スマブラSPの配信の際に言う挨拶「soraの桜井政博です」という言葉が空耳で「空の桜井政博です」と聞こえ、以降「陸の桜井政博です」「海の桜井政博です」など着々と森羅万象化が進んでいる。因みにsoraとは、彼が設立した有限会社ソラのこと。
サトシスーパーマサラ人アニメ「ポケットモンスター」シリーズに登場する主人公キャラクター。ポケモンというのは一般的にもとてつもない能力を保有しているのだが、やはりそれに相当してポケモン世界の人間も一般的な人間に比べれば並外れた人々ではある。しかし、作中で主人公を務める彼はそんなポケモン世界における常人をも超えた運動神経と耐久力をアニメ中に幾度となく発揮しており、ファンからは「スーパーサイヤ人」にかけて「スーパーマサラ人」と呼ばれるに至った。常人とは言えない力とだけ言えば、サトシだけではなく彼についていく仲間達も同様であり、タケシに関してはフェアリータイプなのではないかと言われるほど。しかし、やはりその中でも事実上死亡したところから復活を遂げたり、ピカチュウの10万ボルトを受けてもピンピンしていたり、kg単位の体重を持つポケモンたち*1を持ち上げたりし、しまいには崖から転落してもかすり傷程度しか負わない。サン&ムーンではケンタロスに轢かれても苦痛の表情一切見せず、「オレさ、ケンタロスには慣れてるんだ!」。このように例を挙げたらキリがない程に超人エピソードを持っており、そのことから「不死身」「不老不死」などと称されている。
シャギー?最強の存在カートゥーンアニメ「スクービー・ドゥー」に登場するキャラクターであり、海外にてアニメでのあるギャンググループを一人で撃退する戦闘シーンが話題となり、いつしか最強の存在としてネタにされるようになった。また、ドラゴンボールが有名になった際は「最高能力で身勝手の極意を発動する」という設定が語られるようになった。因みにカートゥーンアニメ「Pibby」のトレイラーでは闇に感染している姿で登場する。
syamu_game宇宙人
永遠の0
天候を操る男
底辺Youtuber。SCP-[Null]という動画で「反ミーム特性がある」「0を司る男」などといったイメージが定着。また東京における豪雨、雹で視聴者に心配するシーンにて「いかが...」と言ってしまい訂正するシーンは豪雨と雹が東京に発生した元凶として挙げられていた。「こうでもしないと人間は分からないだで...」サングラスを付けた姿が宇宙人に似ていることから宇宙人とも言われている。
鈴原るる最強の怪物元にじさんじ所属のバーチャルライバー。その可愛さとは裏腹に驚異的な握力を持ち、幾つか人間ではないことを仄めかすような発言、とてつもない忍耐力で魔界村?を2度も滅ぼすなど、数々の狂人エピソードを持っており、そこから「実は人間ではない」「正体を知ると消される」などのネタが国内外から現れ始め、彼女の挨拶である「こんるる~」が「魂流々~」と解釈されたり、同事務所所属のVtuber、でびでび・でびるが人間じゃないと認めるなどVtuber界における宇宙的恐怖の地位に君臨した。
田代まさし?ネ申80年代後半にいい意味でも悪い意味でも一世を風靡した歌手・コメディアン。2022年現在服役中。その薬に溺れきった姿によってAAやFlash文化が全盛だった時代におもちゃとして何度も起用され、色々な意味で時の人だった。DoS攻撃を行うスクリプトやアプリは何故か彼にちなんで俗に「田代砲」と称される。テーマ曲は「塩酸、シメジ、ヒラメ、出目金」の歌い出しで有名な「片翼の田代」。
たれぞう全知全能
ゴッドイーター
Youtuber。アイメンストール「ゼウス」のレビューが受け、彼は全知全能の神ゼウスなのではないかというネタが生まれた。レベル8の能力者であり、全知全能であるため惑星、果ては世界を破壊することさえ可能。ゼウスのレビュー動画は「神の勅語」のような扱いを受けている。またゼウスという名前のガムを食べていることから、世界でレベル8の神「ゼウス」を食べているゴッドイーターという強化のされ方もある。
D(プログラミング言語)?神言語気持ち悪いマスコットキャラ、初期の度重なる破壊的変更、堂々とCの後続のような名前を冠する、結局誰も使わない、気持ち悪いマスコットキャラなどの要素によって神の言語として祀られるようになった。
デヴィ夫人?悪魔タレント。容赦ないツッコミや悪役のような笑い声が有名。そのため、「イッテQ」などの番組に出演する際によく山姥や悪魔、魔女、マレフィセントなどのキャラクターを演じさせられたりしており、そこから魔女や悪役などの立ち位置を付けられることとなった。
ドナルド・マクドナルド教祖
崇拝対象
ファストフード店「マクドナルド」の公式マスコットキャラクター。2000年代にテレビで放映されたマクドナルドのCM「ドナルドのうわさ」が有名になり、その後とある音MADのタイトルで起こったコメントの連携を皮切りに「ドナルド教」という勢力が発生した。現代ではこのネタから派生したランランルーの都市伝説が独り歩きし、民度の低い低年齢層で暴言として定着、2021年にホバーランランルーという謎の言語が暴言扱いされていることが話題となった。最近オワコンから少し脱した。
ドナルド・トランプ救世主
崇拝対象
Qアノンと名乗る匿名の投稿によって、「悪魔崇拝者や小児性愛者や人肉嗜食者の秘密結社と闘っている」という陰謀論が広まった
ナオト・インティライミ?殺人鬼
デスゲーム開催者
シンガーソングライター。ソニー・ミュージックレコーズからGrowing up!!でメジャーデビューした。インターネット上では2010年代にTwitterにてナオト・インティライミをネタにした多くの投稿がされ、その内から特に秀逸だった「ナオト・インティラミス」や「サイコ・インティライミ」が有名になり、その後サイコ・インティライミの独特な設定が留まったことで定着した。実は彼のしている行動は全て、星野源の計画の内である。
HIKAKIN音の出る神日本で「Youtuber」という概念を伝えた存在。ヒューマンビートボックスで有名。2014年当時はヒカキンチルドレンというHIKAKINを真似て動画投稿を始めた少年たちや信者の素行の悪さが話題になり、「音の出るゴミ」と称されていたが、後にその他の多くのYoutuberが炎上するにつれ、特に炎上が多かった期間でも無理矢理炎上させようという運動はあれど本人自体は特別目立った悪行を行わなかったということと、単純な人格の良さから2019年辺りで「音の出る神」と称されるようになった。
HSK姉貴宇宙的恐怖クッキー☆声優。レミリア・スカーレットを担当した。クッキー☆劇場においてフリーダムな存在として扱われることが多く、またBB素材などでは大量の人外BBが上げられている。
ピンキー恐怖の対象AV女優。2002年からアダルト女優としての評価は不評だった。ある登場回で不穏なSEと共にドアップで彼女の顔が映し出される変な登場の仕方と謎の存在感から女性に厳しい淫夢というジャンルでも一際異彩な立ち位置にいたが、2013年6月に新ドナPによって投稿された「バケモノ.pinky」にて完全に怪物キャラが固定となり、見るだけ心肺停止状態になるというとてつもない災厄という設定が付けられるようになった。
ピンキーパイ?第四の壁を認知
殺人鬼
ヤンデレ
マイリトルポニーのキャラクターだが、ここで紹介するピンキーパイは「マイリトルポニー~トモダチは魔法~」にて登場する方で主に指している。MLPにはケモナーを始めとする大きなお友達(Brony/ブロニー)が存在しており、彼女は鏡を使って場所を移動できるということから「第四の壁を認知しているのではないか」というネタが作られた。また、ピンキーパイが病んでしまった状態である「ピンカミーナ・ダイアン・パイ」の不気味さからCreepypastaにて重篤な精神病を患ったピンキーパイの残虐な話、簡単に言えば鬱ssやキチssが蔓延り、一部界隈において情緒不安定な殺人鬼設定やクレイジーサイコレズ設定も加えられた。ただ純粋にアニメを楽しんでいるブロニーらはこの二次創作設定に嫌悪感を示すことも多い。
星野源計画犯
黒幕
シンガーソングライター。2021年では新垣結衣との結婚で話題になった。Twitter上でサイコ・インティライミに関するツイートで最初に判明した全ての元凶である。ナオト・インティライミを影から操る全ての元凶であり、自分の計画の妨げになる者をナオト・インティライミを使って排除している。
ホーミングドッグ?真犯人2014年に発生した相模原市少女行方不明事件の被害者が散歩していた犬。犬の散歩中であった少女が犬だけを残して行方不明となったことで話題となった。名前の由来は少女だけおいて家に一匹だけで帰ってきたことからホーミング。当事件の真犯人ではないかとされている。キセキの世代2014?の一匹。
魔女さん?魔女
崇拝対象
2007年、ニコニコ動画で有名になったねるねるねるねのCMで登場する魔女である。ニコニコ三大宗教でリーブ教に代わって台頭した「ねるねる教」が崇拝している。
松岡修造太陽神2007年からニコニコ動画にて、ファブリーズのCMやその熱血なキャラクター、そして日本と海外の気候が松岡修造がそこにいるかいないかの有無で変わるという珍事が有名になった。このような理由から、インターネットではニコニコ動画を中心に太陽神と称されて有名になった。
ミッキー・マウス?禁忌ディズニーキャラクターの代表。ディズニー関係の著作権は厳しいことが有名であり、それをネタにいずれニコニコ動画で夢の国チキンレースという危ない競技が流行り始め、これによってディズニーの著作権侵害=投稿者が消されてしまうというネタが生まれてしまった。これを通して段々ディズニーの代表キャラクターであるミッキーマウスに焦点が当たり始め、結果「著作権侵害した投稿者のもとに現れ、"おしおきをする"ネズミ」という設定が流行り始めた。このネタは現在でも主流なミームとして扱われている。
美輪明宏?絶対神男性歌手。90年代当時から謎のオーラと神々しさで絶対神と称されており、インターネットが普及してからその話題は一気に人気となった。現在でも幅広い世代から神と称されている。
野獣先輩正体不明
どこにでもいてどこにもいない
AV男優。2013年にニコニコ動画でインタビュー映像が発掘されたのを皮切りに、UNICORNのBGMと少量の語録と共にウィルスのごとく人々に広まり、今や一躍淫夢の象徴として大成した。彼の愛称である「野獣先輩」は彼が出演したAVのタイトルの一つ「野獣と化した先輩」から来ている。あらゆる行動あまりかしていない行動までBB素材として切り取られることから「BBの数だけ強くなる」という設定が附属することが多い。また顔や年齢・身長・体重なども判明しているにも関わらず、現在に至るまで所在おろか生死についても不明であるため、彼の存在に関してはもはや世界の真髄レベルの扱いを受けている。
吉田沙保里?霊長類最強
絶望
レスリング選手。かつてはレスリングで勝ち続けるその姿から「霊長類最強」と称され、中国では愛称が「絶望」であった。またアルソックのCMで登場した吉田沙保里の目からビームを打つ姿が話題となり、このことからboketeやTwitterを中心に「隕石を止める」「練習目的で山を割る」などの強力な身体的強化がなされた。ドナルドに続いて2番目に長く続き、有名となった神格化ネタである。

関連ページ

コメント

閲覧者数

今日?
昨日?
総合?

タグ

Tag: キャラクター 一覧


*1 ピカチュウは6kg、ミュウツーは122kg、ラプラスは220kgに加えてそのときは軽トラックまで持ち上げている。