インドネシアシーラカンス

Last-modified: 2021-06-27 (日) 21:10:59


インドネシアシーラカンスとは、シーラカンスの一種である。

詳細

北スラウェシやパプア、西パプアの約150メートル以上の深海に生息している。

体長は、1.4m。

インドネシアでは、「ラジャ・ラウト(海の王様)」と呼ばれる。
体色は、茶色?で、シーラカンスと区別できる。
体色以外コモロで見られるものと見た目が同じ。

DNA分析をしたところ、コモロの集団とは遺伝的に異なることが判明した。
国際自然保護連合?作成のレッドリストには、危急種に指定されている。

葛西臨海水族館?アクアマリンふくしまで剝製が展示されている。

発見

1997年にメナド・トゥア島の魚市場で、生物学教授マーク・アードマンが発見した。
彼は、シーラカンスだと思い、数枚写真を撮った。

マーク・アードマンは、1997年11月にスラウェシに戻り、漁師にインタビューしてインドネシアシーラカンスを探した。
1998年7月に漁師のOm Lameh Sonathamは、1998年7月30日に長さ1.2 m、体重29 kgの2番目のインドネシアの標本を捕獲し、
その魚をErdmannに手渡した。

インドネシア政府が国外での魚の捕獲を禁止したため、マーク・アードマンは組織サンプルを採取し、
テキサス大学のデビッド・ヒリス氏の研究グループ(デ・ヒリス)に送った。
Mark Erdmannとインドネシア科学研究所 (LIPI) は、分析結果の最初の報告書はMark Erdmannの同胞に帰属し
インドネシア人は新しい名前をつけることができると口頭で合意した。

ミトコンドリアDNA分析を行った後、アメリカの研究者たちは、
この2つの個体群の違いは500万~700万年前に始まったものであり、
インドネシアのZelacantは新種と考えられる可能性が高いと結論づけた。
しかし、科学者がこの問題について最終的な結論を出すのは時期尚早と考えられていた。
テキサス大学は、研究成果を論文にまとめてネイチャーに送った。

数日後、Nature誌にアメリカの論文が掲載された後、同じテーマのLIPIの共著者と共にPoyoの論文が掲載された
その結果、個体群間の違いが始まったのはもっと後、およそ120万年から150万年前であることが判明した。
しかし、この違いはインドネシアシーラカンスの独立性について明確な結論を出すには十分である。

2009年、日本の科学者チームは、若いインドネシアシーラカンスの撮影に初めて成功した。

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: シーラカンス