ウクライナ

Last-modified: 2021-09-25 (土) 20:56:46

ウクライナ(ウクライナ語: Україна)は、東ヨーロッパに位置する共和制国家。

ウクライナ
国旗
基本情報
公用語ウクライナ語
首都キエフ
最大の都市キエフ
面積603,700㎢(45位)
人口45,430,000人(27位)
通貨フリヴニャ(UAH)

国民

民族

ウクライナ人(77.8%),ロシア人(17.3%),ベラルーシ人(0.6%),モルドバ人,クリミア・タタール人,ユダヤ人等(2001年国勢調査)

言語

ウクライナ語(国家語),その他ロシア語等

宗教

ウクライナ正教及び東方カトリック教。その他,ローマ・カトリック教,イスラム教,ユダヤ教等。

略史

・8世紀
キエフ・ルーシの成立
・1240年
モンゴル軍キエフ攻略
・1340年
ポーランドの東ガリツィア地方占領
・1362年
リトアニアのキエフ占領
・1648年
フメリニツキーの蜂起(ポーランドからの独立戦争)
・1654年
ペレヤスラフ協定
・1764年
ポルタヴァの戦い(ロシアからの独立戦争)
・1853年
クリミア戦争
・1914年
第一次世界大戦
・1917年
ウクライナ人民共和国(中央ラーダ政権)成立
・1917年~1921年
ウクライナ・ソビエト戦争
・1922年
ソビエト社会主義共和国連邦成立
・1932年
大飢饉(ホロドモール)
・1939年
第二次世界大戦
・1941年
独ソ戦開始,独によるウクライナ占領
・1954年
クリミアをウクライナに編入
・1986年
チェルノブイリ原発事故
・1991年
ウクライナ独立,ソ連邦崩壊,CIS創設
・1996年
憲法制定,通貨フリヴニャ導入
・2004年
オレンジ革命
・2013年~2014年
マイダン革命(尊厳の革命)

経済

2014年に入ると,東部情勢の悪化の影響を受け,貿易額や鉱工業生産高が大きく落ち込むなど経済状況の悪化が深刻になり,経済成長率はマイナスに転じた。対外債務や外貨準備高の減少等,財政状況も深刻化したため,同年4月以降,IMF,世銀,EUを始めとする国際金融機関及び欧米諸国等から多くの支援を受けている。2015年3月,IMFは4年間で約175億ドルをウクライナ政府に供与することを盛り込んだ新経済プログラムを承認し,ウクライナ政府は4度の資金受領で外貨準備高が増加した一方で,同プログラムの条件を満たすため,財政,税制,年金,エネルギー,公共サービス等多くの分野の改革でさらなる成果が求められている。2015年もマイナスだった経済成長率は,2016年に入りプラスに転じたが,引き続きドナー国・機関の支援が必要とされている。

主要産業(産業別構造比)

鉱工業(24.8%),
農林水産業(11.9%),
建設業(2.7%),
卸売・小売・輸送等(23.1%)
(2018年:ウクライナ国家統計局)

国民総生産(GDP)

1,908億ドル(2018年:世銀)

一人当たりGDP

3,095ドル(2018年:世銀)

GDP成長率

3.6%(2019年:世銀)

物価上昇率

4.1%(2019年:ウクライナ国家統計局)

失業率

9.4%(2018年:世銀・ILO基準)

総貿易額

(1)輸出
500億ドル
(2)輸入
607億ドル
(2019年:ウクライナ国家統計局)

主要貿易品目

(1)輸出
穀物(19.2%),鉄・鉄鋼(17.4%),鉱石(7.2%),電子機器(5.5%)
(2)輸入
鉱物性燃料(20%),原子炉関連設備(10.9%),電子機器(10.9%),自動車等輸送機器(9.5%)
(2019年:ウクライナ国家統計局)

主要貿易相手国

(1)輸出
中国(7.2%),ポーランド(6.6%),ロシア(6.5%)
(2)輸入
中国(15.1%),ロシア(11.5%),ドイツ(9.9%)
(2019年:ウクライナ国家統計局)

通貨

フリヴニャ(UAH : hryvnia)

為替レート

1米ドル=24.89フリヴニャ(2020年3月5日現在:ウクライナ中央銀行)

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: ヨーロッパ