Top > エオカエシリア


エオカエシリア

Last-modified: 2019-09-18 (水) 19:55:02

概要 Edit

一見ミミズにしか見えない奇妙な両生類「アシナシイモリ」の祖先で、1億8000万年くらい前の北アメリカに生息していた。名前の意味は「初期のアシナシイモリ」。
大きさ15センチくらい。

特徴 Edit

現代のアシナシイモリは湿った地中に住んでいるが、それはこいつの世代からそうだったようで、頭骨が丈夫な箱のようになっていた(アシナシイモリの仲間は文字通り頭を使って穴を掘る)。
それ以外だと短い手足が残っていたのが特徴。
現代のアシナシイモリは完全に足がないので、地中生活に適応する上で手足はあるだけジャマだと判断したようだ。
 
b1e22a60.jpg.jpeg
アシナシイモリの仲間
こう見えてカエルのように尻尾がなく、ほぼ全身が胴体にあたるという
ちなみにアシナシイモリは皮膚から酸素を取り込むことができ、全身で呼吸しているのだ

コメント Edit

  • 鰻みたいでうまそう(こなみ) -- モノズ 2019-09-18 (水) 19:55:02

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ
Tag: 古生物