Top > エオフィス・アンダーウッディ


エオフィス・アンダーウッディ

Last-modified: 2019-04-17 (水) 18:11:36
wikipedia_nega.jpg

この記事は日本語版Wikipediaに無い記事である。やったね!





概要 Edit

1億6000万年くらい前(中生代ジュラ紀)のヨーロッパに生息していた最古のヘビ。「エオフィス」の意味については調査中。
アンダーウッディとはイギリスの自然史博物館に勤めていたヘビの専門家の名前(ガース・アンダーウッド)。
ヘビの研究のエキスパートである彼にちなんで命名されたのだ。
 
残念ながら下あごの化石しか見つかっておらず、どのような姿だったのかはいまいちよく分かっていない。
しかしその下あごのつくりは現代のヘビと同じで、頭骨の仕組みは早々にヘビとしての完成形に至っていたようだ。

パキラキス Edit

1億年前の白亜紀半ばに生きていた種類でこれまで最古のヘビとされてきた生物。
大きさ1メートル、名前の意味は「重たい背骨」。化石は中東イスラエルで発見された。
浅い海に生息していたとされ、生態はウミヘビと同じような感じだったと見られる。
このパキラキスは短い後ろ足があったため、それより古い時代に生きたエオフィス・アンダーウッディにはトカゲのように手足があったと考えられている。
 
ちなみにパキラキスの項目はWikipediaにもある。

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
合計?

関連項目 Edit

ウォナンビ←最古のヘビの家系、その最後の生き残り
Tag: 古生物