エゾカワウソ

Last-modified: 2021-10-17 (日) 17:51:01

この記事は日本語版Wikipediaに無い記事である。やったね!

エゾカワウソ(ニホンカワウソ北海道亜種)とは、絶滅したユーラシアカワウソ?の亜種である。

詳細

学名は、Lutra lutra whiteleyi
名前の通り、北海道に生息する。
昭和?初期までは石狩地域?にもいた。
河川の中・下流域や湖沼周辺に生息する
食べる物や生活史は、不明である。
1950年代に知床北側で捕獲された毛皮標本が知床博物館にある
河川周辺開発や狩猟により絶滅した。

大陸に生息するユーラシアカワウソとエゾカワウソは、少し違いがあるが、その違いが個体の違いか個体群が持つ違いはどうかは不明である。
分類学的位置づけは不明であり、分類の再検討が必要であるが、残っている標本が少ないため、不可能である。

形状

頭蓋骨のくぼみの後縁が不明瞭である
吻が短く、両側の上顎の先端にある前顎骨が狭い。
鼻の骨は上顎骨の上後端よりも後の方にある。
下眼窩孔は、大きい、
上の方の列肉歯の内葉は、大きくて、外縁の2/3を占めている。

歴史

出来事
1928年捕獲禁止になる
1940年代この時点で生息情報がほとんど無くなっていた
1950年代絶滅
1955年一番最後の個体が捕獲される
1964年国の天然記念物?に指定
1965年特別天然記念物?に指定

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: カワウソ 絶滅動物