Top > オステオドントルニス


オステオドントルニス

Last-modified: 2019-09-28 (土) 00:28:37

概要 Edit

1500万年くらい前(新生代中新世)の日本に生息していた鳥。
全体的にアホウドリに似ているがペリカンに近いとされる。
翼を広げると2.5メートル、最大記録では6mほどもあり、飛べる鳥としてはかなり大きい部類。
名前の意味は「骨質の歯を持つ鳥」で、くちばしがギザギザして歯のようになっていたのが特徴。魚を主食にしていたと考えられている。

ペラゴルニス Edit

オステオドントルニスと同じく歯らしきものを持っている大型の海鳥。
翼を広げて恐らく7mほどになり、記録的にアルゲンタヴィスを超えるのでは?という説もある。
しかしその代償か、体重を軽くする為に翼の骨は相当貧弱だったらしい。岩にぶつかりでもしたらお陀仏である。

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ
Tag: 古生物