オミクロン株

Last-modified: 2021-12-05 (日) 21:31:43

編集中

オミクロン株とは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の変異株の一つ。令和3年11月28日、国立感染症研究所は「懸念される変異株」と位置付け、警戒を高めている。国内では、同月30日に最初の患者が確認された。

特徴

ウイルスに、既存の株以上に多数の変異が見られている。細胞の受容体に結合しやすくなり、感染力が高まる可能性が懸念されている。

また、南アフリカで流行している株が、デルタ株からオミクロン株へと急速に置き換わっているため、高い感染力の可能性が懸念されている。