オモチャカボチャ

Last-modified: 2020-06-06 (土) 18:32:54

概要

オモチャカボチャとは、うり科の蔓性の一年草である。中央アメリカが起源とされる。英名はOrnamental pumpkinあるいはOrnamental gourdである。日本には江戸時代末期にはすでにキントウガという果実が非常に大きな橙赤色の果実をつける品種があったと思われる。

品種

  • ペアバイカラー(pear bicolor)
    洋梨あるいは電球のような形で、上半分は黄色で下半分は濃い緑色。白い縦じま模様が入る。
  • デイジーゴード(daisy gourd)
    果実を上から見ると花のような形をして居るためこの名がある。色彩に富むため、種子はミックスで販売される。
  • プッチィーニ
    カボチャらしい形をしており、黄色地にオレンジ色の縦縞が入る。色彩からオモチャカボチャとされるが食べても美味しい。
  • ジャックビーリトル(jackbelittle)
    こちらもきれいなカボチャらしい形をして、たて溝が入り鮮やかなオレンジ色。こちらも観賞用としてもよく、美味しく食べることもできる。
  • ゴブリンエッグ(goblins egg)
     卵形の品種で色彩に富み、形もすべすべしたものやコブがあるものもある。
  • きのこのこ
     キノコのような独特の形をした赤いオモチャカボチャ。英語名はmini red turban。アメリカではピュレにしてから食べるようだが水っぽいので日本人の嗜好には合わない。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: