カチューシャ(歌曲)

Last-modified: 2020-11-23 (月) 16:12:13

カチューシャ(露語:Катюша)とは、ロシアの歌曲である。

ロシア民謡?として紹介されることが多いが、作詞者・作曲者がはっきりしているので正確には歌謡と言う方が正しい。
作詞?:ミハイル・イサコフスキー(Михаил Исаковский)/作曲?:マトヴェイ・ブランテル(Матвей Блантер)

目次

概要

カチューシャ(エカテリーナ?の愛称形)という女性が川辺で戦争に行った兵士である恋人を想う姿を描いた曲。1938年11月27日、ヴィクトル・クヌシェヴィツキー(Виктор Кнушевицкий)率いるオーケストラの演奏でワレンチナ・バチシェワ(Валентина Батищева)によって歌唱され、この曲は世に出ることになった。

1941年6月に独ソ戦?が勃発すると、多くの兵士が自分の境遇とこの歌を重ね合わせ、赤軍?兵士の間で広く歌われるようになった。ロケット砲?の「カチューシャ」はこの歌から名付けられたという説もある。

カチューシャは第二次世界大戦後もロシア人のみならず世界中の人々に愛され、ソ連?ロシアを代表する愛唱歌として親しまれている。

歌詞

1 Расцветали яблони и груши,
(咲き誇る林檎と梨の花)
Поплыли туманы над рекой.
(川面にかかる朝靄)
Выходила на берег Катюша,
(若いカチューシャは歩み行く)
На высокий берег на крутой.
(霧のかかる険しく高い河岸に)

Выходила, песню заводила
(彼女は歌い始めた)
Про степного, сизого орла,
(誇り高き薄墨色の鷲の歌を)
Про того, которого любила,
(彼女が深く愛する青年の歌)
Про того, чьи письма берегла.
(大事に持ってる彼からの手紙)

2 Ой ты, песня, песенка девичья,
(おお 歌よ 乙女の歌よ)
Ты лети за ясным солнцем вслед.
(太陽をかすめ 鳥の如く飛んでゆけ)
И бойцу на дальнем пограничье
(遠い国境の若き兵士の元へ)
От Катюши передай привет.
(カチューシャの想いを届けるのだ)

3 Пусть он вспомнит девушку простую,
(彼は思い起こすか 純真な乙女を)
Пусть услышит, как она поет,
(彼は聞くだろうか カチューシャの澄んだ歌声を)
Пусть он землю бережет родную,
(彼は愛すべき祖国の地を守り抜き)
А любовь Катюша сбережет.
(カチューシャは愛を強く守り抜く)
 
4 Расцветали яблони и груши,
(咲き誇る林檎と梨の花)
Поплыли туманы над рекой;
(川面にかかる朝靄)
Выходила на берег Катюша,
(若いカチューシャは歩み行く)
На высокий берег, на крутой
(霧のかかる険しく高い河岸に)

詳しい解説
ソヴィエト・ロシア軍歌集積所

カチューシャの旋律を使用した楽曲・替え歌など

1941年には、イスラエルでカチューシャをアレンジした「לבלבו אגס וגם תפוח」が歌われている。
[[לבלבו אגס וגם תפוח]]

当初、枢軸国?であったイタリアでは1943年の連合国?への無条件降伏後に歌われた、「カチューシャ」のメロディに独自の歌詞をつけ、パルチザン?蜂起?を呼び掛ける歌として歌われている。イタリア語の歌詞は、共産主義?者の医師で自身もパルチザンであったフェリーチェ・カッショーネ?によって書かれ、冒頭の句から「風は鳴る Fischia il vento」と呼ばれた。この曲は「さらば恋人よ Bella ciao」とともに最も有名なパルチザン愛唱歌となり、その後、ミルバ?バンダ・バソッティ?などが自身のアルバムに収録している。

ギリシャでは1946年から1949年のギリシャ内戦中にやはりカチューシャの曲を借りた「民族解放戦線?(ΕΑΜ)の賛美歌?」というような意味の「Ο ύμνος του ΕΑΜ」が歌われた。

「Ο ύμνος του ΕΑΜ」歌詞

1 Τρία γράμματα μόνο φωτίζουν την ελληνική μας την γενιά
και μας δείχνουν φωτεινό τον δρόμο για να φέρουμε την λευτεριά
και μας δείχνουν φωτεινό τον δρόμο για να φέρουμε την λευτεριά

2 Είναι του αγώνα μας τα φώτα κι ο λαός ακολουθεί πιστά,
νέοι, γέροι, όλοι μαζί φωνάζουν: ζήτω, ζήτω, ζήτω το ΕΑΜ
νέοι, γέροι, όλοι μαζί φωνάζουν: ζήτω, ζήτω, ζήτω το ΕΑΜ

3 Το ΕΑΜ μας έσωσε απ’ την πείνα θα μας σώσει και πάλι απ’ την σκλαβιά
κι έχει πρόγραμμα λαοκρατία˙ ζήτω ζήτω, ζήτω το ΕΑΜ
κι έχει πρόγραμμα λαοκρατία˙ ζήτω ζήτω, ζήτω το ΕΑΜ

4 Έχει ενώσει όλο τον λαό μας, έχει την ΕΠΟΝ και τον ΕΛΑΣ,
κι έχει πρόγραμμα λαοκρατία˙ ζήτω ζήτω, ζήτω το ΕΑΜ
κι έχει πρόγραμμα λαοκρατία˙ ζήτω ζήτω, ζήτω το ΕΑΜ

欧州で流行した派生曲「Casatschok」(カザチョク)

1968年には欧州?でロシア系ドイツ人のイワン・レブロフ?(Ivan Rebroff)がロシア語で歌唱した「カチューシャ」を始めとした数々のロシア民謡?・歌曲がヒットし、欧州にロシア風の音楽が流行し始める。

流れに乗るように1968年、フランスでイスラエル人のリカ・ザライ?(Rika Zaraï)が、イタリアドリ・ゲッツィ?(Dori Ghezzi)が「Casatschok」を歌唱し、ヒットする。これはカチューシャをアレンジしたもの(「ヴォルガの舟歌?」の曲も組み入れられている)でブルガリア出身のボリス・ルバシュキン?(Boris Rubaschkin)によって作曲された。日本では「恋のカザチョク」として知られる。なお、ルバシュキンはCasatschok以外にもロシア民謡をパクった風の曲を幾つか作曲している。

なおリカ・ザライ?はフランス語の他にイタリア語?スペイン語で歌唱した音源も存在している。
リカ・ザライ?の両親はイスラエル建国前はロシアに居住していたロシア系イスラエル人なので一応ロシアに縁にある人物である

Casatschokは欧州で広くヒットし、各国の歌手にカバーされている。

  • 「Casatschok」(フランス語版)歌詞
    主な歌手リカ・ザライ?(Rika Zaraï)など

    1 C'est l'hiver qui frappe à notre porte.
    Mes amis, allumons un bon feu.
    C'est l'hiver que le diable l'emporte.
    Mes amis, ce soir, oublions-le.
    C'est l'hiver que le diable l'emporte.
    Mes amis, ce soir, oublions-le.

    Pabouchka, apporte le pain d'orge.
    Ce qu'il y a de bon dans la maison.
    La vodka qui brûle un peu la gorge mais qui nous laisse le cœur plein de chansons.

    2 Dans les bois, les loups font une ronde.
    Sur la neige frissonnent les corbeaux.
    Oublions la tristesse du monde.
    Tous les loups et les vilains oiseaux.
    Oublions la tristesse du monde.
    Tous les loups et les vilains oiseaux.

    Pétrouchka, reprends ta balaïka et joue moi un air à ta façon.
    Joue d'abord les Bateliers de la Volga et quand tu auras fini, nous danserons.

    3 C'est l'hiver qui frappe à notre porte.
    Mes amis, dansons comme le feu.
    C'est l'hiver que le diable l'emporte.
    Mes amis, ce soir, oublions-le.
    C'est l'hiver que le diable l'emporte.
    Mes amis, ce soir, oublions-le.

    Pétrouchka, reprends ta balaïka et joue moi un air à ta façon.
    Joue d'abord les Bateliers de la Volga et quand tu auras fini, nous danserons.

  • 「Casatchok」歌詞(イタリア語版)
    主な歌手ドリ・ゲッツィ?(Dori Ghezzi)、ダリダ?(Dalida)、リカ・ザライ?(Rika Zaraï)など

    1 Se vorrai andare nella steppa
    Tu dovrai cercare Casatchok
    Questo è il nome di un piccolo cosacco
    Che il suo bal a tutti insegnerà
    Corri, corri dal piccolo cosacco
    Balla balla insieme a casatchok

    Casatchok è il ballo della steppa
    Balla, balla e il freddo se ne va
    Casatchok l'inverno passa in fretta
    Come vodka le tue notti infiammerà

    2 Non avrai l'amore di nessuno
    Se non sai ballare il casatchok
    Mentre balli nel cuere della steppa
    Il tuo cuore forte batterà
    Un' orchestra di mille balalaika
    Nella notte l'accompagnerà

    Casatchok è il ballo della steppa
    Balla, balla e il freddo se ne va
    Casatchok l'inveroo passa in fretta
    Come vodka le tue noiti infiammerà

    3 Non avrai l'amore di nessuno
    Se non sai ballare il casatchok
    Mentre balli nel cuore della steppa
    Il tuo cuore forte batterà
    Un'orchestra di milla balalaike
    Nella notte l'accompagnerà

    Casatchok è il ballo della steppa
    Balla, balla e il freddo se ne va
    Casatchok l'inverno passa in fretta
    Come vodka le sue notti infiammerà

  • 「Casatchok(Petruschka)」歌詞(ドイツ語版)
    主な歌手エディナ・ポップ?(Edina Pop)、ダリダ?(Dalida)など

    1 Heute nacht geht keiner von uns schlafen
    Heute nacht ist überall Musik
    Jedes haus jeder hof jede stral3e
    Ist voll glanz der schnell den kopf verdreht
    Sül3er wein, heller wodka im glase
    Und ein tanz der in die beine geht

    Petruschka spielt anf der Balalaika
    Immerzu das schöne alte Lied
    Iwan tanzt mit seiner Nikolaia
    Und die andern tanzen alle, alle mit

    2 Und beim tanz da glühen heil3 die wangen
    Und beim tanz da brennt so manches herz
    Jeder schritt, jeder blick, jedes lachen
    Jeder ku13 geht viel zu schnell vorbei
    Heute nacht werden wünsche erwachen
    Und zum schlu13 ist gar nichts mehr dabei

    Petruschka spielt auf der Balalaika
    Immerzu das schöne alte lied
    Iwan tanzt mit seiner Nikolaia
    Und die andern tanzen alle, alle mit

    3 Morgen früh da werden alle schlafen
    Morgen früh ist alles wieder still
    Von dem haus von dem hof, von der stral3
    Ist der glanz so schnell vom wind verweht
    Und man träumt von dem wodka im glase
    Und vom tanz der in die beine geht

    Petruschka spielt auf der Balalaika
    Immerzu das schöne alte lied
    Iwan tanzt mit seiner Nikolaia
    Und die andern tanzen alle, alle mit

  • 「Casatschok」歌詞(スペイン語版)
    主な歌手ジョージー・ダン?(Georgie Dann)など

    1 Otra vez el invierno ha llegado,
    otra vez el fuego hay que encender.
    su rigor que se lo lleve el infierno
    nada hay, amigos que temer
    Su rigor que se lo lleve el infierno
    nada hay, amigos que temer…

    Petruchka toca la balalaika
    como tú la aprendiste a tocar
    y al cantar los remeros del volga
    para al fin poder todos juntos bailar.

    Petruchka toca la balalaika
    como tú la aprendiste a tocar
    y al cantar los remeros del volga
    para al fin poder todos juntos bailar.

    2 Cuando ya la nieve cubre el llano
    cuando sientes frio en el corazón
    es cantar con un vodka en la mano
    olvidar la pena y la aflicción
    es cantar con un vodka en la mano
    olvidar la pena y la aflicción…

    Petruchka toca la balalaika
    como tú la aprendiste a tocar
    y al cantar los remeros del volga
    para al fin poder todos juntos bailar.

    3 Otra vez el invierno ha llegado,
    otra vez el fuego hay que encender.
    su rigor que se lo lleve el infierno
    nada hay, amigos que temer
    Su rigor que se lo lleve el infierno
    nada hay, amigos que temer…

    Petruchka toca la balalaika
    como tú la aprendiste a tocar
    y al cantar los remeros del volga
    para al fin poder todos juntos bailar.

その他の国のカチューシャ

その他、カチューシャは様々な国で歌われている。また、カチューシャをアレンジした楽曲も多くある。

戦後の東西対立期には同じ東側諸国にも広まり、現地語に翻訳されたドイツ語版、中国語版、ベトナム語版などが現在でも親しまれている。
各国の共産・社会主義系組織の歌としても利用されており、様々な言語で歌われている。

中国語版(標準語版)

  • 喀秋莎(大陸中国)

    歌詞

    1 正当梨花开遍了天涯,河上飘着柔曼的轻纱
    喀秋莎站在那竣峭的岸上,歌声好像明媚的春光。
    喀秋莎站在那竣峭的岸上,歌声好像明媚的春光。

    2 姑娘唱着美妙的歌曲,她在歌唱草原的雄鹰
    她在歌唱心爱的人儿,她还藏着爱人的书信。
    她在歌唱心爱的人儿,她还藏着爱人的书信。

    3 啊这歌声姑娘的歌声,跟着光明的太阳飞去吧
    去向远方边疆的战士,把喀秋莎的问候传达。
    去向远方边疆的战士,把喀秋莎的问候传达。

    4 驻守边疆年轻的战士,心中怀念遥远的姑娘
    勇敢战斗保卫祖国,喀秋莎爱情永远属于他。
    勇敢战斗保卫祖国,喀秋莎爱情永远属于他。

    5正当梨花开遍了天涯,河上飘着柔曼的轻纱
    喀秋莎站在竣峭的岸上,歌声好像明媚的春光。
    喀秋莎站在竣峭的岸上,歌声好像明媚的春光。

  • 梨花開遍天涯(台灣版)

    歌詞

    1 正當梨花開遍了天涯 河上飄著柔漫輕沙
    柯秋莎走在峭峻的岸上 歌聲好像明媚的春光
    柯秋莎走在峭峻的岸上 歌聲好像明媚的春光

    2 啊 這歌聲姑娘的歌聲 跟著光明的太陽飛去吧
    去向遠方邊疆的戰士 把柯秋莎的問候轉達
    去向遠方邊疆的戰士 把柯秋莎的問候轉達

    3 駐守邊疆衛國的戰士 懷念著那個天真的姑娘
    勇敢保衛祖國的土地 柯秋莎堅決等待著他
    勇敢保衛祖國的土地 柯秋莎堅決等待著他

    4 正當梨花開遍了天涯 河上飄著柔漫輕沙
    柯秋莎走在峭峻的岸上 歌聲好像明媚的春光
    柯秋莎走在峭峻的岸上 歌聲好像明媚的春光

    5 啊 這歌聲姑娘的歌聲 跟著光明的太陽飛去吧
    去向遠方邊疆的戰士 把柯秋莎的問候轉達
    去向遠方邊疆的戰士 把柯秋莎的問候轉達

    6 駐守邊疆衛國的戰士 懷念著那個天真的姑娘
    勇敢保衛祖國的土地 柯秋莎堅決等待著他
    勇敢保衛祖國的土地 柯秋莎堅決等待著他

  • クルディスタン?
    ‫ڕێی خەباتمان‬(Rêy xebatman)

    歌詞

    1.ڕێی خەباتمان چەندە سەخت و دوور بێت
    Rêy xebatman çend e sext û dûr bêt

    با چواردەورمان كڵپەی ئاگر بێت
    Ba çiwardewrman killpey agir bêt

    لەم ڕێ پیرۆزە هەرگیز لانادەین
    Lem rê pîroz e hergîz la nadeyn

    ئێمە بۆ مردنیش ئامادەین
    Ême bo mirdinîş amadeyn

    2.بۆ دنیایەکی نوێ، بۆ هەژاران
    Bo dinyayekî nwê, bo hejaran

    بۆ دانانی کۆمەڵگای یەکسان
    Bo dananî komelgay yeksan

    ڕای زۆرداری لە ڕیشە دەردێنین
    Ray zordarî le rîşe derdênîn

    تۆوی ئازادی گەلمان ئەچنین
    towî azadî gelman eçinîn

    3.بە ڕابەری چینی کرێکاران
    Be raberî çînî kirêkaran
    ئەڕۆین، ئەبڕین ڕێگای تێکۆشان
    Erroyn, ebirrîn rêgay têkoşan

    ئاڵای سووری شۆڕش هەڵ ئەکەین
    Alay sûrî şorrişman hel ekeyn

    هەر بە ڕۆژی سەرکەوتن ئەگەین
    Her be rojî serkewtin egeyn

    4.ڕێی خەباتمان چەندە سەخت و دوور بێت
    Rêy xebatman çend e sext û dûr bêt

    با چواردەورمان كڵپەی ئاگر بێت
    Ba çiwardewrman killpey agir bêt

    لەم ڕێ پیرۆزە هەرگیز لانادەین
    Lem rê pîroz e hergîz la nadeyn

    ئێمە بۆ مردنیش ئامادەین
    Ême bo mirdinîş amadeyn

  • Katioucha (français)(フランス語・フランス共産党版)

    歌詞

    1er couplet
    Quand la neige a recouvert la plaine
    Je prends mon cheval et mon traîneau
    { Et mon chant s'élève à perdre haleine
    Non, jamais le monde fut si beau. (bis)

    2e couplet
    Au matin dans la brise glaciale
    Je m'en vais au gré de mon traîneau
    { Mais le ciel peu à peu se dévoile,
    Non, jamais le monde fut si beau. (bis)

    3e couplet
    Vole au ciel, vole chanson légère
    Le soleil vers lui t'emportera ;
    { Vers celui qui donne la lumière
    Et réchauffe le cœur de nos gars. (bis)

    4e couplet
    Dès le soir quand la nuit est rebelle
    Mon cheval s'empresse au grand galop :
    { Mais mon cœur, lui, reste aussi fidèle,
    Non, jamais le monde fut si beau. (bis)

日本のカチューシャ

日本では「林檎の…」から始まる関鑑子の訳詞で歌唱されることが多い。戦後のいわゆる「うたごえ運動?」の中で広く歌われた。ダークダックス?ボニージャックス?などのロシア民謡を得意とするボーカルグループによるものがよく知られている。

1988年発売のファミリーコンピュータ版テトリス?やファミリーコンピュータ版熱血高校ドッジボール部ではともにロシア(ソ連)をイメージする曲として使用されている。
お笑いコンビのラーメンズは『プーチンとマーチン』というコントで当曲をアレンジした歌ネタを披露した。『プーチンとマーチン2』もありそれぞれ公演「FLAT」「桜前線345」で披露。
プロ野球では千葉ロッテマリーンズの西岡剛などの応援歌に採用されていた。
最近では2012年12月3日初放映のガールズ&パンツァー第8話において、プラウダ高校隊長・カチューシャ(金元寿子?)と副隊長・ノンナ(上坂すみれ)がロシア語で歌唱したカチューシャが挿入された。

関連項目

コメント

  • 小さな暴君!今までどちらに… -- 2018-12-08 (土) 21:39:11
  • ↑ 元々はニコニコやウィキペディアの記事に「カザチョク」や派生曲の部分を追記しようかと思いましたがプレミアム以外編集できないらしいのでたまたまポケモン絡みの記事を書き込みしていたこちらのWikiがどのような記事でも作成OKとあったので折角書いた記事を眠らせるのも勿体無いと思いこちらに投稿してみました -- 2018-12-12 (水) 07:21:21
  • 一部修正と音質の良い音源に差し替えました -- 2018-12-12 (水) 07:22:42
  • この曲、ガルパン(ガールズパンツァー)の中に出てきたから知ってるんだよねw -- 2018-12-12 (水) 20:16:34
  • 動画多すぎでクッソ重かったんでバッサリ消したぞい。あと折り畳みは無意味どころか逆にページを重くするぞ -- オトメロン奴隷 2018-12-16 (日) 08:15:19
  • メルシー -- 2018-12-16 (日) 20:41:29

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: ロシア民謡