カンボジア

Last-modified: 2021-12-08 (水) 21:11:08

カンボジア王国(クメール語: ព្រះរាជាណាចក្រកម្ពុជា)は、東南アジアのインドシナ半島南部に位置する立憲君主制国家。1970年にカンボジア王国が倒れてから勃発したカンボジア内戦を経て、1993年に誕生した。

カンボジア王国
国旗
基本情報
公用語クメール語
首都プノンペン
最大の都市プノンペン
面積181,035㎢(87位)
人口15,135,000人(68位)
通貨リエル(KHR)

目次

概要

東南アジアの国。
古くは扶南やクメール王国が栄えた地であり、特にクメール王国の最盛期に建造された壮麗な寺院「アンコールワット」は国家の象徴となっている。国旗の真ん中に描かれているのがそれである。

近代はフランスの植民地とされたり、独裁者ポルポトが率いるクメール・ルージュ政権による大虐殺が起きる等の苦難に見舞われた。

歴史

略史

・9~13世紀
現在のアンコール遺跡地方を拠点にインドシナ半島の大部分を支配。
・14世紀以降
タイさらにベトナムの攻撃により衰退。
・1884年
フランス保護領「カンボジア王国」。
・1953年
カンボジア王国としてフランスから独立。
・1970年
ロン・ノルら反中親米派,クーデターによりシハヌーク政権打倒。王制を廃しクメール共和制に移行。
親中共産勢力クメール・ルージュ(KR)との間で内戦。
・1975年
KRが内戦に勝利し,民主カンボジア(ポル・ポト)政権を樹立。同政権下で大量の自国民虐殺。
・1979年
ベトナム軍進攻でKR敗走,親ベトナムの「カンプチア人民共和国」(プノンペン(ヘン・サムリン)政権)擁立。
以降,プノンペン政権とタイ国境地帯拠点の民主カンボジア三派連合(KRの民主カンボジアに王党(シハヌーク)派・共和(ソン・サン)派が合体)の内戦。
・1991年
パリ和平協定。
・1992年
国連カンボジア暫定機構(UNTAC)活動開始(1992~93年,日本初の国連PKO参加。)
・1993年
UNTAC監視下で制憲議会選挙,王党派フンシンペック党勝利。新憲法で王制復活。ラナリット第一首相(フンシンペック党),フン・セン第二首相(人民党:旧プノンペン政権)の2人首相制連立政権。
・1997年
首都プノンペンで両首相陣営武力衝突。ラナリット第一首相失脚。
・1998年
第二回国民議会選挙。第一次フン・セン首班連立政権。
・1999年
上院新設(二院制へ移行)。ASEAN加盟。
・2003年
第三回国民議会選挙。
・2004年
第二次フン・セン首班連立政権発足。
シハヌーク国王引退,シハモニ新国王即位。WTO加盟。ASEM参加決定。

地理

国土の約半分が東南アジア最大の大河、メコン川の流域である。
大部分が平野だが、東北部と南西部には山地がある。

気候

熱帯かつモンスーン気候であり乾季と雨季がはっきりしている。

政治

政体

立憲君主制

元首

ノロドム・シハモニ国王(2004年10月即位)

首相:フン・セン(人民党党首)

国会

二院制。
上院
(全62議席、任期6年、サイ・チュム議長(人民党副党首))
国民議会(下院)
(全125議席、任期5年、ヘン・サムリン議長(人民党名誉党首))

経済

カンボジア経済は2004年から2007年までの4年間,10%を超える高い経済成長を記録した。しかし,サブプライムローン問題に端を発した世界同時不況の影響を受け,2009年の経済成長率は0.1%まで落ち込んだものの,翌年の2010年には6.1%にまで回復し,2011年以降は7%成長を続けている。経常収支及び財政収支は慢性的に赤字であり,2018年(IMF予測値)では,前者は-10.8%(対GDP比),後者は-3.5%(対GDP比)と予想されている。堅調な縫製品等の輸出品,建設業,サービス業及び海外直接投資の順調な増加により,今後も安定した経済成長が見込まれている。

主要産業

農業(GDPの25.0%),工業(GDPの32.7%),サービス業(GDPの42.3%)(2017年,ADB資料)

名目GDP

約241億米ドル(2018年,IMF推定値)

一人当たりGDP

1,485米ドル(2018年,IMF推定値)

物価上昇率

3.3%(2018年予測値,IMF資料)

失業率

不明

貿易総額(2017年,カンボジア商業省統計)

(1)輸出
113億米ドル
(2)輸入
143億米ドル

主要貿易相手国(2017年,カンボジア商業省統計)

(1)輸出
米国(21%),英国(9%),ドイツ(9%),日本(8%),中国(7%)((注)マカオ,台湾,香港を除く本土のみ)
(2)輸入
中国(37%),タイ(16%),ベトナム(12%),シンガポール(4%),日本(4%)

通貨・為替レート

リエル(1米ドル=4,081リエル,2019年7月末時点。カンボジア中央銀行資料)

文化

国民

民族

人口の90%がカンボジア人(クメール人)とされている。

言語

カンボジア語

宗教

仏教(一部少数民族はイスラム教)

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: アジア カンボジア カンボジア王国