ガラパゴスゾウガメ

Last-modified: 2021-12-06 (月) 17:27:11

ガラパゴスゾウガメとは、ナンベイリクガメ属?に分類されるカメ?の中でガラパゴス諸島?に生息する種の総称である。

詳細

世界最大のリクガメ?である。
体長は、1.2mで、体重は215kgである。
草食動物で、主に?、在来の果物サボテン?の葉を食べる。
大量の水を飲み、後で使うために、長期間に体内に保存することが出来る。
報告によると、食物や水がなくても最長6カ月生存できるという。

ガラパゴス諸島のガラパゴスは「ゾウガメ」という意味である。

17~19世紀にかけて、人間が捕獲して、食用にしたり、人間の持ち込んだ動物により、卵が食べられたりして、今なお絶滅の危機に瀕している。

脊椎動物の中で、一番長命で100歳以上生き、ハリエット?は少なくとも175年生きた記録もある。
15種存在していたが4種絶滅し、11種現存している。

日本では上野動物園?iZoo?で見られる。

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: カメ ゾウガメ