キョロちゃん(アニメ)

Last-modified: 2021-08-04 (水) 11:10:39


キョロちゃん』は、森永製菓のお菓子『チョコボール?』のマスコットキャラのキョロちゃんを主人公としたアニメ。1999年7月1日~2001年3月29日まで、テレビ東京系で全91話放送された。

概要

 基本はエンゼルアイランドに住む架空の鳥たちのギャグアニメだが、教訓的な話や、キョロちゃんの奇想天外、感動的な話など、バラエティに富んだ作品となった。
 社会や政治を風刺したような、子供向け番組らしからぬエピソードも多い。

あらすじ

 探検家でもあるマツゲール博士は、エンゼルアイランドの遺跡の探検中に、生まれたばかりの不思議な鳥を発見する。博士はこの鳥に「キョロ」と名付け、探検の相棒として一緒に世界各地を回ることにした。
 それから3年後、博士はキョロちゃんのふるさとであるエンゼルアイランドに船で向かっていたときに、嵐に遭遇し船が難破してしまう。キョロちゃんはエンゼルアイランドにたどり着いたものの、マツゲール博士は行方不明になってしまった。エンゼルアイランドでパチクリたちと友達になったキョロちゃんは、博士の無事を祈りつつ、エンゼルアイランドでの生活を始める。

登場キャラクター

  • キョロちゃん(cv. 伊東みやこ)
     このアニメの主人公。年齢は8歳。別名「茶色きタマの勇者」。
    性格は明るく素直でピュアな心を持つが、天然ボケでもあり、本人に悪気はなくともその言動が周囲を混乱させることが多い。
    優れた運動能力と戦闘能力を持つ。困った時は頭を使えと教わっていたが、掛け算はわからないなど頭は良くない模様。*1
    特徴的なくちばしはダイヤモンドより硬い硬度11でできており、木を切り倒してカヌーを作ったり、落ちてきた巨大な岩を真っ二つにしたりすることができる。
  • マツゲール博士(cv. 納谷六朗)
     世界を旅する研究家で、キョロちゃんの育ての親。このアニメに登場する唯一の人間キャラでもある。
  • パフー(cv. ???)
     キョロちゃんのペットで、「いじけ虫」というエンゼルアイランド固有種。

友人

  • パチクリ(cv. 本田貴子)
     エンゼルアイランドに付いたキョロちゃんを余所者呼ばわりしていたが、危険な所を助けてもらいキョロちゃん最初の友達になる。
     ちょっと生意気な感じのいたずらっ子。直感型の思考を持ち、行動力は高い。叔父のメグロと一緒に住んでおり、家事全般を取り仕切っている。
    一人称は「おいら」だったが、後に「俺」に変化。空手好き。体の色は青。
  • クリン(cv. 上村貴子
     パン屋の女の子。おしゃまでかわいらしく、女の子らしい一面を見せることもある反面、ちょっとわがままだったりヒステリックな面を見せることもある。姉のマスカーラが結婚しないことを気にかけている。
    方向音痴で、配達の手伝いで失敗したりもする。
  • ミッケン(cv. 間宮くるみ)
     常に本(もしくは辞書)をタマゴのから状のズボンの中に入れて持ち歩き、趣味は読書とジグソーパズルという物知りな男の子。キョロちゃん達よりも1歳年下。
    いつも礼儀正しく、敬語を使い、子供としては冷静。ピンチに陥ると冷静さを失い泣き出すのが弱点。
    知識レベルは非常に高く、大人でさえも舌を巻く博識。しかし、超天才状態の時のキョロちゃんには遥かに及ばない。
    よく赤ちゃんに間違えられるのが最大の悩みで、自分の容姿を恨んだこともある。体の色は黄色。

友人の家族

  • メグロ(cv. 水内清光)
     パチクリの叔父。職業不詳だが、自称「詩人」。料理(特にシチュー)を作るのが上手いが、基本家事全般をパチクリに任せている。自由奔放な生活をし、哲学的な思考を持つ。
  • マスカーラ(cv. 金丸日向子)
     クリンの姉で、パン屋を経営している。エンゼルアイランド一の美女だが、汚れた部屋に10分間いたり怒りゲージが臨界点を超えたりするといつもより荒々しい性格になる。
  • マナジリ(cv. 塩屋浩三)
     ミッケンの父。ドン・ジロリが経営するおもちゃ工場で新型の玩具のデザイナーとして働いている。子供たちのためにおもちゃを作る良心的な人物。
  • リンクル(cv. 定岡小百合
     ミッケンの祖母。いつもは食べ物の話ばかりしているが、古代文字を読むことが出来る、事件の真相を看破るなど、以外とするどい。

よく登場するキャラクター

  • グリグリ警部(cv. 森田順平)
     エンゼルアイランドの警察官。怪盗ギロッシュを逮捕しようとしているが、実は彼自身が怪盗ギロッシュの正体である
    • 怪盗ギロッシュ
       基本的に金持ちからしか物を盗まず、盗んだものも困った人のために使うため、悪役というよりヒーローに近い。キョロちゃんの憧れの人物。
  • マクモー(cv. 大竹宏)
     いつもリンクルと一緒にいる老人。若い頃リンクルに片想いをしており、結局恋は実らなかったが、現在でも仲は良好。
  • メトリ(cv. 橘U子)
     情報通で、噂好き、流行好きでミーハーなおばさん。キョロちゃんのことを「キョロ坊」と呼ぶ。どことなくなんJ民に似てる。
     ドケチ且つ図々しい性格。彼女に情報が漏れた瞬間に、エンゼルフィールド中にその情報は瞬時に伝わってしまう。しかし、その情報は異常にも誇張されたり、ありもしない情報に変わるために、捏造に近くなることもある。
  • ドン・ジロリ(cv. 梅津秀行)
     エンゼルアイランドの大富豪。金儲けのためなら非道かつ冷酷な手段をとることが多いが、大抵は失敗に終わる。
  • メメリッチョ(cv. 水原リン)
     ドン・ジロリの妻。ジロリの金儲けを応援するが、ジロリ家の中では比較的良識のある人物。
  • チロリ・ジロリ(cv. 志賀克也)
     ドン・ジロリの息子。ガキ大将。ひそかにマスカーラに思いを寄せいる。
  • コントとタクト(cv. 喜田あゆみ/大平泉)
     チロリの子分。緑色で背が低い方がコントで、ピンク色で背が高い方がタクト。
  • デメントン(cv. 大川透)
     エンゼルアイランドの現職の総理(大統領)。スキャンダルが多いが、支持率が高いことが特徴。金と権力には目がなく、数度収賄などで逮捕されている。前職のローガンとは、選挙以外のところでもいろいろと競っており、負けず嫌いな性格である。
  • ローガン(cv. 塩屋浩三)
     エンゼルアイランドの前職の総理(大統領)で、副総理。次期総理を狙っている。その狼狽した風貌から温厚にも見えるが、せこい一面がある。 デメントンと同じく、金と権力には目がない。現職のデメントンより年齢は上。
  • シバシバ(cv. ???)
     みんなのトラウマ。住民から恐れられているが、被害を受けた人はいない。
  • メンタマル星人(cv. 釘宮理恵)
    16話、52話、91話登場。体は幼い女の子だがオヤジ顔で、しかし声は美少女というアンバランスな容貌。何故かキョロちゃんにしか見えない。喜んだり驚くとおならをする癖があり、おならは花のにおいがする。しかし本人には臭いらしく、逆に一般的な悪臭はいい匂いに感じるらしい。
    実は釘宮理恵の初テレビアニメキャラである。
  • ニラミ警視(cv. 塩沢兼人 → 納谷六朗)
     28話、37話、58話Aパート登場。怪盗ギロッシュ逮捕のために都会の警視庁から派遣された警視。IQ3000 で頭脳明晰、宇宙基地のような邸宅に住んでいる御曹司でもあり、目立ちがりやで、プライドが高い。どんな難解な事件も解決してきたが、ギロッシュはキョロちゃんの妨害などを含むさまざまな要因で取り逃している。「-なのね」が口癖。
  • いさ子
     次回予告の時に登場するクレヨンで描かれたキャラ。エンディングと【テレビを見る時は~】の下りも担当した。
    本業は女性シンガー。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: アニメ テレビ東京 キョロちゃん 森永製菓 グループ・タック アニプレックス


*1 しかし、ある拍子で左脳がずれた時には超天才キョロちゃんに変わり、知能犯による事件を解決したり、科学論文を大学のメジリッジ博士に送ったりもする。