キング・オブ・ザ・サーモン

Last-modified: 2021-06-19 (土) 10:21:16

この記事は日本語版Wikipediaに無い記事である。やったね!

キング・オブ・ザ・サーモン(Trachipterus altivelis) とは、フリソデウオ科の一種である。

詳細

カイアシ類?オキアミ?、小さな遠海魚、カサゴ?イカタコを食べる。
和名はない。
体長は1.83mに達するが、より大きな標本が報告されている。
アラスカからチリまでの東太平洋の水深900mに生息している。
リボン状で、全長にわたって長い背びれがある。
背鰭は前方で最も高く、165~184本の軟鰭がある

体色は、銀でひれは深紅色、目の上の部分が黒っぽくなる。

名前

名前は、マカ族の伝説に由来している。
この伝説では、この魚は毎年サケを産卵場に連れて行くとされている。
サケの遡上が止まる恐れがあるという迷信があったため、
サケを捕獲したり食べたりすることは禁止されていた。
この神話は、かつてこの魚に使われていたrex-salmonorum、rexはラテン語で「キング」という形容語に反映されている。

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 深海魚