クラゲ

Last-modified: 2021-12-02 (木) 18:29:36

クラゲとは、刺胞動物?の中で海に浮遊している種の名称である。

詳細

漢字表記は「水母」「海月」「水月」「蚱」「白鮓」「䖳」。
プランクトン?の仲間である。

クラゲの仲間には、ヒドロ虫類?箱虫類?鉢虫類?などがある。
有櫛動物?は、クラゲに含む場合と、含まない場合がある。

クラゲの形や大きさはさまざまで、体長は0.5cmから36mである。

熱帯の海、温帯の海、浅瀬・深海などいろいろな環境のところに生息する。
海に生息するものが多いが、淡水に生息しているクラゲもいる。

中国日本韓国などでは珍味として見なされている。

クラゲは、軟らかいので、化石は残ることがまれである。
エディアカラ期から存在していたと言われている。
最古の鉢虫類は、中国の藍田層で新原生代に出現した。

動物プランクトンや渦鞭毛藻などの植物プランクトン、タコクラゲなどは、光合成の産物などを食べる。

一部の小魚はクラゲの刺傷の影響を受けずに、触手の間に住み、餌を捉えるための罠として使う。
クラゲは、潜在的な捕食者から安全であり、クラゲによって捕らえられた魚を共有出来る。

体は透明で、ゼラチン質で出来ている。
95%以上は水で構成。
口が先端にあり、肛門としても機能する。

同体をを上下に運動されて水中を移動する。
触手を使って獲物を捕獲し、得物を口に運んで捕食する。

触手に刺胞があり、そこに毒がある。
ミズクラゲは、かゆみを感じるほどであるが、ハブクラゲ、オーストラリアウンバチクラゲ(キロネックス)などは、死に至ることもある。

一生

卵から孵化すると、浮遊幼生になる。
底生生活に移るとポリプになる。
さらに無性生殖や横分裂によって、クラゲ型になり、浮遊生活を始める。

主な種

  • アカクラゲ?
  • アカチョウチンクラゲ
  • アマクサクラゲ?
  • アンドンクラゲ?
  • イルカンジクラゲ?
  • エチゼンクラゲ?
  • オーストラリアウンバチクラゲ?(キロネックス)
  • オワンクラゲ?
  • カツオノエボシ
  • カミクラゲ?
  • ギンカクラゲ?
  • サカサクラゲ?
  • シダレザクラクラゲ?
  • タコクラゲ
  • ツノクラゲ?
  • カブトクラゲ?
  • ハナガサクラゲ?
  • ハブクラゲ?
  • バレンクラゲ?
  • ビゼンクラゲ?
  • マミズクラゲ?
  • ミズクラゲ
  • ユウレイクラゲ?

関連項目

コメント欄

  • 前に海に行ったとき、クラゲに刺されて大変だった でも水族館で見ると可愛い -- 秋のななくさ(編集者) 2021-09-23 (木) 08:41:53
  • クラゲになりたい… -- なりあさ 2021-11-08 (月) 18:30:18

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: クラゲ