グアテマラ

Last-modified: 2022-07-01 (金) 18:22:13

グアテマラ共和国(スペイン語: República de Guatemala)は、中央アメリカ北部に位置する共和制国家。

グアテマラ共和国
右のファイルは著作権侵害の可能性があるため、一時的に削除されています:(./グアテマラ地図.gif,nolink);
国旗
右のファイルは著作権侵害の可能性があるため、一時的に削除されています:(./グアテマラ国旗.png,nolink);
基本情報
公用語スペイン語
首都グアテマラシティ
最大の都市グアテマラシティ
面積108,890㎢(104位)
人口14,027,000人(62位)
通貨ケツァル(GTQ)

国民

民族

マヤ系先住民46%,メスティソ(欧州系と先住民の混血)・欧州系30%,その他(ガリフナ族,シンカ族等)24%(2011年 グアテマラ国立統計院(推計))

言語

スペイン語(公用語),その他に22のマヤ系言語等あり。

宗教

憲法上宗教の自由を保障。主にカトリック及びプロテスタント

略史

・1523年
スペインによる征服
・1573年
スペイン王領の総督領となる
・1821年
スペインから独立
・1823年
中米諸州連合結成
・1838年
中米諸州連合より分離独立
・1960年
内戦勃発(1996年まで)
・1986年
民政移管
・1987年
中米和平合意
・1996年
内戦終結
・2000年
ポルティージョ大統領就任
・2004年
ベルシェ大統領就任
・2008年
コロン大統領就任
・2012年
ペレス・モリーナ大統領就任
・2015年
マルドナド大統領就任
・2016年
モラレス大統領就任
・2020年
ジャマテイ大統領就任

経済

衣類等の繊維産業およびコーヒー,砂糖,バナナ等の農産品が主要輸出産品で,農産品は国際市場価格に依存するため不安定な面もあるが,繊維産業は好調を維持。観光産業も大きく成長している。2010年以降,経済成長率は3~4%と低水準ではあるが安定的に推移。国民の半数以上が1日5ドル以下で生活する貧困層と推定されており,貧困問題解決にはより高い経済成長率の達成と雇用創出が必要。国民の約1割以上(200万人以上)が米国に移住し,海外送金が貧困家庭の家計を支える(GDPの約1割強に相当。2018年は92.8億ドル(グアテマラ中銀))。

主要産業

農業(コーヒー,バナナ,砂糖,カルダモン),繊維産業

GDP(名目)

784.6億米ドル(2018年 グアテマラ中央銀行)

一人当たりGDP

4,534.0米ドル(2018年 グアテマラ中央銀行)

経済成長率

3.1%(2018年 グアテマラ中央銀行)

物価上昇率

2.31%(2018年 グアテマラ国立統計院)

失業率

2.8%(2018年 グアテマラ国立統計院)

貿易額(2018年 グアテマラ中央銀行)

(1)輸出(F.OB)
109億6,950万米ドル
(2)輸入(C.I.F)
197億3,400万米ドル

主要貿易品目(2018年 グアテマラ中央銀行)

(1)輸出
衣類・繊維,砂糖,バナナ,コーヒー,食用油
(2)輸入
自動車,機械類,プラスチック製品,ガソリン,ディーゼル

主要貿易相手国(2018年 グアテマラ中央銀行)

(1)輸出
米国,エルサルバドル,ホンジュラス,ニカラグア,メキシコ
(2)輸入
米国,中国,メキシコ,エルサルバドル,コスタリカ

通貨

ケツァル(Q)

為替レート

1米ドル=7.52ケツァル(2018年(平均) グアテマラ中央銀行)

コメント

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 北アメリカ