グッピー

Last-modified: 2022-07-01 (金) 18:22:16

右のファイルは著作権侵害の可能性があるため、一時的に削除されています:(https://image02.seesaawiki.jp/a/a/aakanyanijinedaka/YMMOUEhgfW.png,30%,カラフルなグッピー);

グッピーとは、カダヤシ目カダヤシ科に分類される卵胎メダカの一種である。観賞魚として有名

詳細

学名は、Poecilia reticulata
名前の由来は発見者の「Lechmere Guppy(レクメア・グッピー)?」からきている。

中央アメリカから南アメリカ北部・カリブ海の島が原産で、蚊を駆除する手段として、
沖縄県温泉地?の川などの日本の一部などを含む世界中で野生化が問題となっている。
沖縄県のカダヤシ?は、グッピーと交配した結果、数が減り、駆逐された
汽水域でも生きられる。

病気にもかかりにくく、繫殖も早いため、生態学や進化論、行動研究の分野でモデル生物として使用されている。

形状

体は、細長く、メダカに似ている。

メスは、体長6cmになるが、オスは3cmである。
一般にメスのほうが大きくなり、オスは、小さいが美しくなる。
メスはそれほどでも美しくなく、体が淡褐色で尾も短い

メスは、カダヤシに似ているが、カダヤシの背ビレと尻ビレの基底起点がほぼ上下が、同じである。

生態

1~4年生きる。
野生のグッピーは、藻類や珪藻、無脊椎動物、水生昆虫の幼虫などを食べる。
雄のしりビレは、交尾器(ゴノポディウム)になっており、雌の輸卵管内に精子を送り込むのに使う

繫殖

卵胎生であるため、親と同じ姿で生まれる。
10~20週齢で、約9mmの子を産み、20~34か月齢になるまで繁殖し、続ける
グッピーの妊娠期間は、通常は、21~30日である。

胎生で、1回に 2~120尾の仔魚を産み、最大は150尾以上になる。
仔魚は、2~3ヵ月で成熟する

精子は、メスの体内に長期間蓄えることが出来、1回の交尾で数回受精が出来る。

飼育

飼いやすく、有名なため、よく飼育される。
「グッピーに始まりグッピーに終わる」とよく言われている。
餌は、人工固形餌料やブラインシュリンプ?イトミミズ?を与える
適水温は、22~24℃

繁殖力が強く、水草がたくさん生えている水槽では、勝手に増える。
生まれたての稚魚は他魚や親魚に食べられることも多いため、孵化用の水槽や、サラン網などで隔離する

品種

品種改良は、盛んに行われており、色彩やヒレの形などが違うさまざまな品種が作りだされている。

レッドグラス
尾ヒレに赤の細かい模様がある
ソード
尾ヒレの端が剣状に伸びる
ベールテール
尾ヒレが長く開く
キングコブラ
体に縞模様がある

コメント欄

  • 適応力強いから仕方ないね 野生のグッピーも意外に地味なもんよ -- 2020-08-29 (土) 11:34:45

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 観賞魚 卵胎メダカ 熱帯魚 淡水魚