グラナダ連合

Last-modified: 2022-07-01 (金) 18:22:17

このページは特化月間企画参加ページです。

グラナダ連合(英:Granadine Confederation)とは、南アメリカにかつて存在した国家である。

グラナダ連合右のファイルは著作権侵害の可能性があるため、一時的に削除されています:(./グラナダ連合.png,10%);
首都ボゴタ
公用語スペイン語
通貨ペソ
建国1858年
廃国1863年

タイムライン

  • 1831年
    • 大コロンビアが解体され、ヌエバ・グラナダ共和国が建国される。
  • 1843年
    • 正式にヌエバ・グラナダ共和国が承認されるとともに、その中央集権的な姿勢にいくつかの地域が反発する。
  • 1853年
    • パナマ州などの各州が認められ、地域自治が強くなる。
  • 1857年
    • ボリバル連邦州などの州が独立する。これらが後にグラナダ連合の1部を構成する。
  • 1858年
    • グラナダ連合憲法が成立し、8つの主権国家が認められ正式にグラナダ連合が形成される。
  • 1859年
    • 議会によって大統領の州知事解任権限と州知事任命権限、州の一部行政介入が認められ、各州が自治を脅かされるとして反発する。
  • 1860年
    • トマス・シプリアーノ・デ・モスケーラが「カウカ主権国家」の設立を行い、内戦が勃発。
  • 1861年
    • 反乱軍によって首都ボゴダが占領される。
  • 1862年
    • 内戦が終結する。
  • 1863年
    • 新憲法が制定されグラナダ連合は消滅し、コロンビア合衆国となる。

政治体制

議会と大統領が置かれた。
大統領の任期は4年であった。
また議会は上院と下院があり、上院議員の任期は4年,下院議員の任期は2年である。
各州には大きな権限が与えられ、独自の大統領都議会を置くことが出来た。

迫害

トマス・シプリアーノ・デ・モスケーラの二階の大統領時代、財産没収、修道院取り潰し、課税などの厳しい措置をローマ・カトリック教会に対して講じ、強行ピウス9世によって非難される事態が起きた。
迫害を行った一因には、財産没収によって国庫を潤すことがあった。

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: