グレナダ

Last-modified: 2022-07-01 (金) 18:22:21

グレナダ(グレナダ・クレオール語: Gwenad)は、カリブ海の小アンティル諸島南部に位置する立憲君主制国家。

グレナダ
右のファイルは著作権侵害の可能性があるため、一時的に削除されています:(./グレナダ地図.gif,nolink);
国旗
右のファイルは著作権侵害の可能性があるため、一時的に削除されています:(./グレナダ国旗.png,nolink);
基本情報
公用語英語
首都セントジョージズ
最大の都市セントジョージズ
面積344㎢(201位)
人口104,487人(180位)
通貨東カリブ・ドル(XEC)

国民

民族

アフリカ系(82.4%),混血(13.3%),東インド系(2.2%),その他(2.2%)

言語

英語(公用語),グレナダ・クレオール語

宗教

キリスト教(カトリック,プロテスタント,英国国教会等)等

略史

・1498年
コロンブスにより「発見」
・1783年
英領
・1967年
英国自治領
・1974年
独立

経済

伝統的農産品(ナツメグ,バナナ,カカオ,ニクズク等)の生産と農業,各種サービス業との繋がりを保ちながら開発が進められる観光業に大きく依存する。観光産業や急速な伸びを示した1980年代後半に高い成長率を記録したが,1990年代に入って鈍化し始め,2001年のGDP成長率は,米国同時多発テロ事件の影響でマイナス成長となった。その後,2004年9月のハリケーン・アイバン及び2005年7月のハリケーン・エミリー被災により,国内のインフラは壊滅的な被害を受けたが,政府の取組が奏功し2006年及び2007年の経済はプラス成長を達成。2008年以降は世界的経済不況により経済が低迷するも,IMFの貧困削減成長ファシリティ(PRGF)のもとで構造改革を実施している。建設業と観光業を原動力に,今後とも緩やかな成長が見込まれる。引き続き債務問題に取り組んでおり,2013年に対GDP108%と多額であった公的債務は,2016年6月末に85%にまで削減されている。

主要産業

観光業,製造業,農業(カカオ,ナツメグ,バナナ,果実)

GNI

10億900万米ドル(2018年 世銀)

一人当たりGNI

9,780米ドル(2018年 世銀)

GDP成長率

5.0%(2017年),4.8%(2018年)(世銀)

インフレ率

0.9%(2017年推定値),1.1%(2018年推定値)(IMF)

総貿易額

(1)輸出
3,200万米ドル(2018年 WTO)
(2)輸入
4億6,000万米ドル(2018年 WTO)

主要貿易品目

(1)輸出
バナナ,ココア,ナツメグ,果実,野菜,衣類,魚介類
(2)輸入
食料品,機械・輸送機器,工業製品,化学製品,燃料

主要貿易相手国(WTO)

(1)輸出(2008年)
ドミニカ国,米国,EU,セントルシア
(2)輸入(2009年)
米国,トリニダード・トバゴ,EU,日本

通貨

東カリブドル(EC$)

為替レート

1米ドル=2.7EC$(固定相場制)

コメント

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 北アメリカ