ケツデカピングー

Last-modified: 2019-12-09 (月) 18:44:52
ケツデカピングー.png

おまんこぉ^~(気さくな挨拶)

 

「ケツデカピングー」とは、ニコニコ動画に投稿されていた動画シリーズの一つ。

概要 Edit

世界で一番有名なペンギンのアニメ「ピングー」を、ケツデカ課長?を初めとした淫夢男優の吹き替えで制作されたMAD作品。通称「ケツピン」。

 

あまりにも汚すぎて素材としても敬遠されていた、サムソンビデオやサンダービデオなどの中年・熟年男優達が主な声優を務めている。一方、野獣先輩ひでのようなメジャーどころは不在という珍しい作品である。
2017年1月8日に第1話が投稿、以来週1回ペースで新作が公開され、カオスな話の展開や巧妙な語録解釈で視聴者に笑い(と、ちょっぴりの感動)を届け、多くのホモガキから人気を得た(第7話に至ってはランク1位を獲得している)。そして3月12日、第10話を投稿して完結した後も、有志によって新たなシリーズが二次創作「ケツピンアンソロジー」として制作された。
人気なのはいいが、本家のピングーへの風評被害も甚大で、本家のエピソードのコメントは語録で埋まる事態にまでなっている。(これについて作者は、第10話のエンディング内で原作者のオットマー・グットマン氏に「(ごめんね)」と謝罪している)

 

2017年11月6日にて本編・アンソロジー揃って管理者削除を受けてしまったため、現在ニコニコ動画での視聴は困難。YouTubeに転載されたものは視聴可能だが、時折大量削除が行われるため不安定。見られるうちに見ておこう。
ところで、なんか転載動画には韓国語のものが目立つのだが、こんなのをあっちに密輸して何になるんですかね・・・?

登場人物 Edit

やりますねぇ

キャラクター名は第10話エンディングのキャストから引用しています。
あくまで本家ピングーとは関係のない二次創作のキャラです。本家のキャラと混同するのはやめようね。原作を大事にして、楽しもうね!

ケツデカピングー Edit

「グノシー・・・」
CV:ケツデカ課長?
本作の主人公。当然全話に登場。
口が悪く、ことあるごとに「うんこ・・・うんこ・・・」「ハゲろ・・・ハゲろ・・・!」「キショい・・・」と汚い言葉を連発する。まあ他の連中も汚い言葉ばっかり言ってるけど
その割に精神的に追い詰められると途端に弱気になり、泣き叫びながら許しを請うことも。
学校に通ってはいるのだが、シコり目的でグラビア雑誌に「try・・・!」してたり(第6話)子供とは思えない行動も見られる。
あと、実はノンケ。その証拠に第6話で女だと思っていた乳首モロピンギ課長が男だと知るやいなや、激怒して襲っている。
でもやっぱりホモな部分も見受けられる。ノンケでバイとかこれもうわかんねぇな。

ダディー Edit

「おちんちんしゃぶらせて下さい(混乱)」
CV:ガバ穴ダディー
ケツピンの父。2、4、7~10話に登場。
妻であるしママだ部長のケツに敷かれているが、本人も望むところらしい。ドM。
第2話では、しママだ部長がタマゴを産んだ時は医者を呼ぼうと電話をかけるも、要件を見失ってしまうほど焦りきってしまうという非常に頼りない一面を見せている。

しママだ部長 Edit

「(要件が)違うだろ?」
CV:島田部長?
ケツピンの母。2、4、6~8、10話に登場。
強気な肝っ玉母ちゃんで、ケツピンやダディーに対して強圧的な態度をとっている。
その一方、まだ赤ちゃんのピンガ野郎には甘い。タマゴから姿を現した時は悲鳴を上げていたが

短髪ピンガ野郎 Edit

「はいお願いします・・・」
CV:短髪メガネ野郎?
ケツピンの妹。「野郎」と名前についているが、妹。2、4、7~10話に登場。
第2話に鬼子として生まれ、闇に葬られたかと思われたが、第4話で生存が判明。
生まれたての赤ん坊だからか興奮しやすく、そのテンションの変わりようはケツピンも困惑するほど。
第7話では漏らした小便を尿道に引っ込めるという謎の特技を持っている。
8・9話ではロウソクに対して強い拘りを持っているとも語っている。生まれたばっかなのにもうそんな趣味を覚えてしまったのか。

医者こわれる Edit

「yeah,yeah・・・(肯定)」
CV:課長こわれる
第2話にて、しママだ部長がピンガ野郎のタマゴを出産した時にダディーが呼んだ医者。
到着した際に誤ってダディーにぶつかった際にそのまま行為に走るという早とちりをしている。

ロビママ Edit

「めちゃくちゃ会いたくって・・・(親友並感)嬉しい・・・嬉しい・・・」
CV:OGMM?
ケツピンの親友(一応)。3、5、10話に登場。
馴れ馴れしいくらいに友好的だが、隙あらば自分語りを始める性格のようで、その点はケツピンからも「きしょい・・・」と陰口を叩かれている。
明るく見えるが、かつて会社の同僚にレ○プされたり、バラ鞭で痛くされた腹いせに同僚を殺したり、更にそれを隠蔽するために遺体をバラバラにしたという、なかなかに重い過去を持っている。
その一件の過ちが相当精神に影響を与えたのか、友人に対しても時折「(四股を)バラしたいなって・・・」と言ったりとヤバめな発言が見られる。
因みに、第4話以降で追加されたOPでやたらとワンワン吠えてるのはこいつ。

ピンゴんふとまら君 Edit

「ああ恥ずかしい、やだこんな恥ずかしい・・・(正論)」
CV:敏感ふとまら君
ケツピンの友達。3、5、6、10話に登場。
「(そんな実力なら)やめてください!(辛辣)」などとクラスメイトを煽ることも多いが、根は小心者。アイアンマンの写真に「やだ(写真の顔が)こわいやめてください・・・」とビビったり、乳首モロピンギ課長へのプレゼントが返された時は傷ついてたりしている。
調子に乗りすぎると、ケツピンから「この野郎醤油瓶・・・!」とかいうよく分からんあだ名で呼ばれることも。

小型ピンクの受け中年 Edit

「行く!パパも!(おまじない)池ー?(自問)池ー!(自答)行くー!(決意)」
CV:小柄メガネの受け中年
ケツピンのクラスメイト。3、6、10話に登場。
やたらとテンションの上下が激しく、池の中ですごいもの(海坊主)を見つけて大興奮したかと思えば、それを描いた自信作の絵を文吾先生に否定されて「狂いそう・・・!」と静かなる怒りを燃やしたり。
また聴覚過敏のようで、ケツピンの足タップにもめっちゃ反応して文吾先生にシバかれている。

文吾先生 Edit

「絵きったねぇ!(辛辣)糞だ・・・(画力が)」
CV:文吾
ケツピン達の学校の先生。3、6、10話に登場。
傍若無人のドS教師で、先生とは思えないくらい口が悪い。ケツピン達がみんな口が汚いのも彼の影響だろうか。
基本的に褒めて伸ばす教育方針だが、答えを間違える生徒にはケツ穴グチョグチョグチョグチョも辞さない。体罰ダメ、絶対。
出演機会は少ないものの、その強烈なキャラ付けで視聴者からの人気も高い。第3話だけ視聴回数が伸びまくったのも恐らく彼のおかげ。

77歳の肛門モロ感のおやじいさん Edit

「離れると・・・恋煩いしちゃうよぉ・・・もう忘れられなくなっちゃうよぉ・・・」
CV:77歳の肛門モロ感の親爺
ケツピンの祖父。4、9、10話に登場。1話にも序盤に少し出てくる。
優しく楽器を教えたり簡単な手品を披露したりと、芸達者なおじいちゃん・・・というのは仮の姿。その本性はケツピンやピンガ野郎を異常なまでに愛するクレイジーヤンホモ野郎なのだ。その気色悪さたるや、あの罵倒連発のケツピンでさえ罵倒すらできず絶句するレベル。
家族と別居していてケツピンに暫く会えなかったためか恋煩いまで起こしていて、第4話では帰ろうとするケツピンを「足の先までいっぱい舐めちゃうよ?(サービス)」と必死になって止めようとした。
第9話でもそのサイコぶりは健在だったが、ケツピンやピンガ野郎から押しつけられた野菜料理を食べ過ぎてご逝去「このまま・・・天国に行きたい・・・(幸せ)」とか言ってたらマジで亡くなってしまった。なお、一度天国に行きかけたもののすぐに現世に送り返された。
天国に行きかけたのが相当応えたのか、10話ではビックリするくらい大人しくなっている。

井戸端ペンギン達 Edit

「やった後、血が出て・・・紙で拭くと血がついてましてね・・・やった後はどうしても痛くなりますね・・・(重い代償)」
「なんていやらしい穴なのだ・・・(ボキャ貧)」
CV:クチマン爺(右ペンギン)、現場監督(左ペンギン)、カルロ・ボノーミ(真ん中ペンギン3匹)
第4話にて、立ち話をしていたペンギン達。性癖の話でもしてたのだろうか?
ケツピンがやって来るなり一目散に散っていった。

因みに、逃げる時に流れた曲は「SC-6804」の冒頭部分(俗に「ゆうさくのテーマ」と呼ばれるアレ)に似ており、よく「偽ゆうさくのテーマ」と呼ばれる(この曲は後に第9話でも使用された)。

乳首モロピンギ課長 Edit

「ねぇ感じちゃう・・・(ストレス)」
CV:乳首モロ感真面目部長
ケツピンのクラスに来た転校生。6、10話に登場。
音声素材の少なさが他の連中の比ではなく、何と全編通して「ねぇ感じちゃう・・・」「あぁ・・・おっぱい感じちゃう・・・」の2つのセリフが殆どを占める。これだけでも会話を成り立たせてしまうのだから投稿者兄貴の語録解釈はすごい。
ケツピンに一目惚れしており、積極的にアプローチを仕掛けていた。当のケツピンからは「なんか・・・駄目だな・・・(生理的に)」と最初のうちは拒絶されていたが、下校途中での出来事をきっかけに受け入れられた。
・・・が、そこでまさかの事実が発覚。女だと思ってたのが、まさかの男の娘だったのだ。でしょうね。それを知ったケツピンは激昂して襲撃。最終的に火炎放射器で焼却処分されてしまった。ピンガ野郎と同じ末路である。
そのまま退場かと思われたが、第10話で再登場して生存が確認された。

ポンギ太郎 Edit

「私は・・・変態のマゾ豚です・・・!(正論)」
CV:万太郎
ケツピンのクラスメイト。6、10話に登場。
妙にクサい演技が特徴的だが、ぶっちゃけそれだけ。登場シーンも短いため影が薄い。
クラスメート達にも遊びに「加えたくないです・・・」と拒否されたり(ちゃんと入れてもらえたが)、文吾先生には恥辱の言葉を連呼させられたり、劇中での扱いもよくない。

暴力おじさん Edit

「動物裁判だ・・・!動物・・・!(激憤)」
CV:極太親父
第6話でケツピンに窓ガラスを割られた家の人。6、9話に登場。
どうも精神を病んでいるようで、ガラスを割られて激昂しているとはいえやたらと残忍な言動が目立つ。その不気味さは視聴者に強烈なインパクトを残した。
が、その割に弱かったらしく、ケツピンにせめてもの慈悲にと一騎打ちを仕掛けたがあっさり負けて五体をバラされてしまった。(最近の子供は)ものすごいよ・・・
どうやらそのまま死んでしまったらしく、第9話では天国でおやじいさんを動物裁判にかけている。

バーテンダー横井 Edit

「『はいお願いします』だろ?(指導)」
CV:横井警備員
ケツピンの家の近所でバーを営んでいる男。7、10話に登場。
客に対して頼み方を指定したり、当然の権利かのようにおかわりを催促したりと傲慢な態度が目立つ。
バーではあるがノンアルも置いているようで、「嫁の印に」「アンサンブルラッパ」といった変な名前のカクテルのほか、何故か豚汁(ぶたじる)まで置いている。
ピンガ野郎に店を小便で汚されたときには、「手を入れる専門家」を呼んで罰としてケツをいっぱい犯そうとした。・・・尿意を催しだした時は「出してみろ・・・(優しさ)じょぼじょぼ出してみろよ(具体的)」とか言ってたくせに何なのか。途中で「止めろ(無慈悲)」とか指示してるし、彼は人をいたぶるのが好きなのだろうか。
結局お仕置きはされなかったが、この出来事はピンガ野郎のトラウマになったらしく、第10話のパーティで再会した時にはえらく怖がられていた。またアンソロジーEX話「ケツデカピングーの美術館見学」ではこの一件のせいか「廃(業)っちゃった」らしく、美術館職員に転じていた。

手を入れる専門家 Edit

ケツを犯してください!(出しゃばり)」
CV:インラン親爺
第7話にて、バーテンダー横井がピンガ野郎に罰を加えるために助っ人として呼んだ謎の人物。7、8、10話に登場。
ケツピンキャラの中でも特に意味不明な肩書きで紹介された男。一体どこに手を入れるのだろうか・・・(すっとぼけ)
妙に体験談が生々しいが、これは音声素材が手を入れる側ではなく入れられる側のものであるせいである。気持ちよかったですよ(念押し)
第8話でも登場し、ケツピンからポップコーンをもらって「わふぅー!(>ω<)/」と純粋に喜んでいた。かわいい。
第10話でもゲストとして横井に呼ばれた。

綱太配達員 Edit

「やられてしまいました・・・まさかこんなに(満腹)感じるとは思わなかったんでね・・・」
CV:綱太
郵便局(彼曰く「メックビデオ」というらしい)で働く男。8、10話に登場。
配達時に「メックビデオ(自社名)では僕と絡みたい人(意味深)出演したい人(直球)を募集しておりますっ!(宣伝)」と宣伝してたり、8話冒頭で視聴者に自分のシャワーシーンを目玉として宣伝してたり、最後では使用した(らしい)サポーターと白いアレを各1名様にプレゼントしようとしてたり、何か業務的な面が目立つ。
それでも他の連中に比べりゃマシな部類。
第8話ではケツピンから余ったポップコーンをお裾分けされたほか、それでも残ってしまったポップコーンを、手を入れる専門家に送ったりした。
第10話でも何故かケツピンの親たちと一緒にいる。

ビッグマミィ Edit

「なーんだこのケツの穴はよぉ!(驚愕)みんなに見せてやれこのケツの穴!(体験学習)」
CV:やりマン兄貴
三つ子ペンギン(下記)の親(?)。8話で登場。
ポップコーンをお裾分けしに来たケツピンに「しゃぶって欲しいの?」だの「それ頑張りが足らない(的確)」だの、やたら高圧的だった。
第8話以外の回でも、度々ピンガ野郎にどこからかヤジを飛ばしてくる。これは、ピンガ野郎のCVである短髪メガネ野郎の素材に、やりマン兄貴と共演している作品のものがあるため。

三つ子 Edit

「顔撮られると困るんです・・・!(照れ)」
「顔は勘弁してください・・・!(半ギレ)」
「顔は撮らないでください!!(憤怒)」

「逆に・・・いいかもしれない、朝、肉食っといた方が」
CV:大田次長(A)、源蔵棟梁(B、C)
やんちゃな三つ子ペンギン。8話に登場。
まだ子供のはずだが、鳥類にもかかわらず夜に焼き鳥屋で焼き鳥2、3本食うとか、きゅうりを味噌と醤油とみりんを溶いたものでパリッと頂くとか、おおよそ子供らしくない。と思ったらもう40代だそうだ。子供のような姿で40代とかこの世界のペンギン族は年齢感覚が我々人間と違うのだろうか・・・

その他モブなど Edit

これら以外にも様々な野郎どもが出演している。果てには無機物まで喋り出す始末。
まとめてご紹介しよう。

  • 魚の死骸
    「なんで抜くねん!」
    CV:ドラゴン田中
    第7話でケツピンの家の前に干されてた魚で、1匹だけ残された奴。死んでないやん!
    第9話でケツピンに食された魚もこいつだろうか。身を食われても慟哭を挙げている。
  • 爆弾木箱
    「もうダメ!(飽和状態)許して!!アッ・・・アッ!!(絶命)」
    CV:斉藤ゆたか
    第8話で手を入れる専門家の元に届いた、ポップコーンがぎっしり詰まった木箱。詰めすぎてぶっ壊れてしまった。
    他と明らかに違う音質とセリフ終わりの無音が笑いを誘う。
  • 親戚
    「とりあえずどうも(親戚感)」
    CV:淫乱テディベア
    ダディーかしママだ部長のどっちかの親戚。一瞬の出番だった。
  • ケーキ
    「(食われるなんて)聞いていません」
    CV:小熊おじさん
    第9話で、おやじいさんとの食事に並んだうんこ色のケーキ。
    結局おやじいさんには食われなかった。
  • ムニエル
    「17センチくらいはあるかなぁ・・・」
    「はぁ~ん・・・(納得)すごいねぇ・・・(感心)僕の半分だね(唐突の蔑視)」
    CV:ちびでぶ巨根氏、でぶ親父
    同じく第9話で食卓に並んだ魚のムニエル。
    仲良く対談していた。
  • 案内人
    「どっちがいいんだ?(天国か地獄)」
    CV:虎寅
    第9話で逝ってしまったおやじいさんの前に現れた、あの世の案内人。
  • 糸引きおじさん、40歳の巨根で強度M傾向氏
    第9話で案内人が見せた、天国と地獄の扉の向こうにいたおじさん達。
    どっちがいいんだ?とか言われても、どっちも地獄なんだよなぁ・・・
  • 商店主
    「先っぽが入るときはなんともないんですけども(無慈悲)」
    第9話で、あの世に寝転がっていた謎のでかいおじさん。神様かなんか?
    おやじいさんの動物裁判で「先っぽが入るときはなんともないんですけども」という謎の判決を下し、天国に行きたいと駄々をこねるおやじいさんを強制的に現世に送り返した。

  • 「なに2人かい?・・・ヴッ!(分裂)」
    CV:コブラ三木谷
    第10話のバースデーパーティーで出されたお菓子。
    ケツピンとピンガ野郎で取り合いになったが、自ら二つに折れることでこれを収めた。

コメント欄 Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ Edit

Tag: