ケモナー

Last-modified: 2021-09-28 (火) 22:09:16

ケモナーとは、人間要素の少ない(もしくはない)キャラ(以降ケモノと呼称)を愛する者を意味するネットスラングである。
2000年代のインターネット黎明期辺りから既に使われていた言葉であり、時代を送るにつれてそのスラングの意味が徐々に固まっていった。

定義

ここで言うケモノとは、「二足歩行の動物キャラ」「人型の動物キャラ」「四足歩行の動物キャラ(ヨツケモ)」のことを指す。
例外として星のカービィシリーズにおけるカービィマホロアマルクなどが居るが、こういったものを愛する人もケモナーと呼ばれる類にある。
因みにだが、ポケットモンスターを愛好するケモナーは「ポケモナー」と呼ばれることが多い。

ケモノと動物耳、動物擬人化の違いについて

動物耳がついた人間の姿をしているキャラクター*1や動物の擬人化*2等をケモノに分類するのはあまり好まれない。ケモナーは完全な人外を愛する人々を指し、そういった人間要素が過密に残っているキャラクターを愛する人をケモナーと呼ぶのはつばが無い帽子をハットと呼ぶほど間違っている。

ケモナー歴史

昔からケモノを使った春画や愛好的な作品というのはあり、また昔話においても喋る動物がいる作品が多く存在する。
簡単に言えば、ケモナーは鎌倉時代から今日に至るまで存在し続けたものなのである。
現代におけるケモノジャンルの普及は1990年代から始まったとされており、それこそ当時は一部の同人コミュニティで介されたジャンルであったが、世間にインターネットが普及してくるとそのケモナーという文化に興味を持つ人物が増え、現在ではpixivなどにおいても一般的にケモナーキャラを見かけるようになってきている。
そういった現代のケモノという文化を支えたのはやはり「ポケモン」や「カービィなどの影響もあるのだろう。
また、

ケモナー作品/作者

2006年から活動している「ねっつー」という絵師は最古ケモナーの一人であり、現在でもポケモンなどを中心にpixivやTwitter等で活動している。
最近となれば2010年ほどからうごメモなどで活動していたCOMET(現:具沢山みそしる?)氏はその全体的にキラキラしたポケモンのキャラクターやオリポケの先駆けとなった人物であり、またこれらの作品はYoutubeでも投稿されているため、うごメモを知っている人物なら一度は見たものであろう。
2013年からはMiiverseやうごくメモ帳3Dなどもあり、子供達の手元で創作が出来るようになっていたため、幼い頃からケモナーという人々が世を席巻している。このころになるとTwitterなどでの幼い創作者の活動が顕著に表れ始め、ありのみ(現:鰹ノえぼシ)氏によるアニマルレイン?やばやちゃお氏による魔けモン!等はMiverseやうごメモでも展開されていた過去がある。

複数個所での派生

2016年にはケモナーがさらに爆増するきっかけとなったUNDERTALEが日本で流行し、そのAUなどが作られていく内にそのキャラクターの一人、サンズが書く人によって女々しくなったりショタっぽくなったりして、当時では「世界一エロ画像が描かれる骨」という異名を持っていた。さらにUNDERTALE二次創作(AUと呼称)が流行した時期でもあり、それらにおけるサンズの二次創作の多さから日本ではオリジナルサンズ?(オリサン)が流行した。
このサンズの人気で代表されるのはラマっち?氏によるAU「UNDERMEMORY」や「UM7SOULS」が挙げられる。これは様々な「元キャラクターから独立した創作サンズ」が登場する作品であり、多くのキャラクターがデフォルメ的で子供的なスタイルで描かれている。このAUはオリサンを描く界隈・層から人気であり、この創作はうごメモやMiiverseでの展開においても多くの人を集めていた。

ケモナー用語

種類

  • ヨツケモ
    大まかに括られたケモノの類、四足歩行のケモノ全般のことを指す。
    以下のケモノの類は大体二足歩行で描かれることが多く、現状ヨツケモとして描かれる多くはポケモンなどである。
    しかし、最近はポケモンでも二足歩行が顕著であり、特にそれに当てはまるのはオリポケと呼ばれる二次創作の一つである。
  • オスケモ
    オスのケモノキャラのこと。主にティーンエイジャー、もしくは大人の男性のケモノなどを指す。
    男の娘のケモノを指す場合も、屈強なケモノを指す場合もある。
    後述するケモショタとは分けられる傾向にある。
  • メスケモ
    メスのケモノキャラのこと。主にティーンエイジャー、もしくは大人の女性のケモノなどを指す。
    ボーイッシュなメスケモというのは未だ見かけない。
    後述するケモロリとは分けられる傾向にあるが、稀に同一視される。
  • ケモショタ
    背の小さい男の子のケモノ、つまりショタのケモノである。
    男の娘のケモノもこれに分類されることが多く、しばしば前述のオスケモと同一視される。
  • ケモロリ
    背の小さい女の子のケモノ、つまりロリのケモノである。
    この類を好む人は前述のケモショタと共に特に多く、最近はケモナーでない人にも需要が生まれ始めている。
    しばしばメスケモと同一視されるが、最近は特に分けられる傾向が顕著。

特徴

  • マズル
    現実の狐や狼などにも見られる鼻口部の形を表す言葉。
    基本的にはマズルが無いケモノの方が人気なことがあるが、マズルがあった方が良いとするケモナーも少なくない。

主にケモナーに好かれるキャラクター

アスキーアートキャラクター

  • シラネーヨ?
  • しぃ?
  • ギコ?
  • つー?
  • モララー?
  • モナー?

ポケットモンスター

どうぶつの森

UNDERTALE/DELTARUNE

ネタバレ注意!

  • アズリエル
  • サンズ(稀に)
  • トリエル
  • フラウィ
  • ラルセイ

その他

関連ページ

コメント

  • 報告遅くなりました。編集を加えました -- HYSY 2021-09-12 (日) 03:14:04
  • ありがとうございます!HYSYさん! -- ちっぺっつ 2021-09-12 (日) 03:14:49

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: ネットスラング


*1 デ・ジ・キャラット?など
*2 けものフレンズなど