コウテイグソクムシ

Last-modified: 2021-11-16 (火) 20:30:07


日本ではここ以外にwiki記事がありません。オンリーワンです!

コウテイグソクムシとは、グソクムシの一種である。

詳細

スナホリムシ科オオグソクムシ属に分類される
大型で、ダイオウグソクムシの次に大きくなり、30cm近くになる

貴重種である
「コウテイグソクムシ」と言う和名?は、仮名である。
フィリピン周辺の水深2000~4000m生息する。
成熟したメスは、脚の付け根にある覆卵葉が腹部を覆われてる育房を作り、孵化するまで卵を保育する。

千葉中央博で行われていた「驚異の深海生物」や茨城県自然博物館行われた「深海ミステリー2020」で剝製が展示された。

コメント欄

  • つ よ い -- ジバロ 2021-07-30 (金) 09:14:05

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 深海生物 甲殻類 グソクムシ