コバンアジ

Last-modified: 2022-07-01 (金) 18:22:48
右のファイルは著作権侵害の可能性があるため、一時的に削除されています:(./Screenshot_20220406-181134_3.jpg);

コバンアジとは、スズキ目アジ科コバンアジ属に分類される魚の名称である。

詳細

学名はTrachinotus baillonii(Lacepède,1802) 漢字表記では小判鯵
体長は50cm程度。
名前の由来は側面から見た体形が小判のように見えることからこの名がついた。

南日本(八丈島、琉球列島、小笠原諸島)/インド洋~太平洋などの沿岸域やサンゴ礁域周辺のやや浅い砂底に生息する。幼魚は内湾や汽水域、夏~秋までには、砂浜の波打際で見られる。

体色は銀色で、稜鱗はない。体側に小黒色斑が並んでいるが、幼魚にはそれが無い。体はひし形で、強く側扁している。吻は尖っており、上顎は下顎に比べると短い。成魚になると、2背鰭や臀鰭が鎌状になる。咽頭歯が発達しており、貝殻などを潰して食べることができる。

動物食性で、ゴカイやオキアミ、エビなどの甲殻類も食べる。

コメント

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: アジ