コビトカバ

Last-modified: 2022-07-01 (金) 18:22:49

右のファイルは著作権侵害の可能性があるため、一時的に削除されています:(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/93/Pygmy_hippopotamus_pair.jpg/1920px-Pygmy_hippopotamus_pair.jpg);
コビトカバとは、偶蹄目?カバ科に分類されるカバ?の一種である。

詳細

学名は、Choeropsis liberieensis
「リベリアカバ」「ミニカバ」とも呼ばれる。

体長は、150~170cmで、体重は、160~270kg。
リベリアやコートジボワール、シエラレオネ、ギニアのの森林・水辺に生息する

寿命は、カバより短く、20~40年
20世紀初頭に発見された。世界三大珍獣?の一種である。
狩猟や生息地により減少し、水質汚染でさらに数が減り、絶滅危惧種に指定されている。

形状

背は灰黒色で、体側は緑色。
カバよりも小さく、カバの祖先の姿をしている。

頭は、丸く小さい。背は丸く、目と鼻が突き出ない。
鼻孔は、半円形。四肢は少し細長くなっている

生態

草や葉、果実・草の根を食べる
夜行性で、昼間は河岸の湿った穴の中で眠むり、夜になると森の中で餌を探す。
水中に入ることは、カバよりが少なく、ときどき水浴したり、敵の目をくらますために水に入る。
カバと違い、出産と哺乳も陸上で行う。

臆病で、危険があると森の中に姿を隠す。
指間に水かきがない。体色は紫がかった褐色
体毛がなく、皮膚が乾燥や紫外線に弱い。そのため赤い分泌物を出し皮膚を守っている。

単独または一つがいで生活する
妊娠期間は7か月で、1産1子。

飼育されている施設

  • アドベンチャーワールド?
  • いしかわ動物園?
  • 上野動物園?
  • 神戸どうぶつ王国?
  • 名古屋市東山動植物園?
  • NIFREL?

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 哺乳類 カバ 動物 世界三大珍獣