ゴールデンタビータイガー

Last-modified: 2021-09-16 (木) 19:00:17

この記事は日本語版Wikipediaに無い記事である。やったね!

ゴールデンタビータイガー(Golden Tiger)とは、ベンガルトラの突然変異である。

詳細

ストロベリー・タイガーとも呼ばれる。
劣性遺伝子によって色が黄金になっている。
ホワイトタイガーブラックタイガーと同様に、別の亜種ではない。

体色は、薄い金色で、赤茶色 (黒ではない) の縞がある。

2014年にはインドのカジランガ国立公園で野生のメスのトラがカメラトラップで撮影された。
この雌は、2019年まで写真撮影されている。

インドでは20世紀初頭から、野生で報告されているが、
ゴールデン・タイガーは、隠れることができないという欠点がある。
飼育されているのは30頭である。

日本では、東北サファリパーク?岩手サファリパーク?で飼育されている。
最初の出産は1983年に行われた。
ホワイトタイガーと同様、ゴールデンタイガーは動物園やサーカスで非常に人気があり、重要な繁殖計画の対象となることもある。

劣性遺伝のためゴールデンタビータイガーの子供は、に生まれてくる確率は5割以下である。

コメント欄

  • 金...なのか...? -- 2021-06-06 (日) 22:16:31

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: トラ 変種 ネコ