Top > シャドースチール(大会)
HTML convert time to 0.047 sec.


シャドースチール(大会)

Last-modified: 2018-05-17 (木) 21:34:42

20170804014849.jpg

概要 Edit

シャドースチールとは、ポケットモンスターサン・ムーンで開催されたインターネット大会の事。

開催期間は2017/08/25~2017/08/28まで。

「シャドースチール」という題名は当時ポケモン映画で配信されていた幻のポケモンマーシャドーの専用技から。

ポケモンの技「シャドースチール」についてはコチラ

ルール Edit

  • シングルバトル
  • あらかじめバトルボックスに登録した6匹から3匹を選出してバトル。
  • 同じポケモンを何匹でも同じ手持ちに入れる事ができる。 (ミミッキュ×6とか)
  • 道具被りもOK (タスキ持ち×6とか)
  • 全てのポケモンはレベル100に統一される
  • ただしアルセウスは使用禁止
  • 伝説のポケモンは使用不可能。
  • ただし、例外としてジガルデとネクロズマは使用可能。
  • メタ的な話をすると、「元の姿の合計種族値が600までのポケモンは全て参加可能」という事である。

    ときはなたれしフーパやメガディアンシーなど、フォルムチェンジやメガシンカで合計が600を越えるポケモンも使えてしまう。
    (ちなみに当時はネクロズマのフォルムチェンジは存在しない)


要は通常のシングルレートのレギュレーションに幻のポケモン(とジガルデネクロ)を解禁したというルール。

普段強大な力を持つ禁止級伝説のポケモン達に退けられ、中々研究されないような幻のポケモン達がついに日の目を見たルールなのである。

またポケモン被りもOKなため愛しのポケモンで「統一パ」を組む事も可能。

これが公式大会でできてしまうのである。
まさに何でもありの大会。

ポケモンバトルレボリューションを彷彿とさせるような夢にまで見た神環境。
混沌。カオス。

ランキングは… Edit

予想通り幻のポケモン(とジガルデ)がランキングの大半を埋める結果となった。

この大会で特に注目されたのはジガルデ

今までエアプ共に散々過小評価されてきたジガルデが当初の予想・考察に反して環境を席巻。
一般ポケモン共を圧倒的な数値で蹂躙し評価を覆らせた。
(ぶっちゃけこれ書いてる筆者もここまで強い&大量に使われるとは予想しなかった)

弱いワケが無いのだ!

特別に参加可能なポケモン達 Edit

以下ざっくりと大会での感想・解説コーナー。

使用、相手した事のある方は誰でも追記歓迎です。

※筆者の個人的感想が含まれるのはご了承ください

ジガルデ Edit

今大会最強ポケモン。主人公。

ジガルデ統一パでも上位を目指せるレベルのスペック。

ひこうタイプにも当たるじめんタイプの専用技「サウザンアロー」の一貫性が尋常ではなく、通常レートでガブリアスやランドロスの対策として使われるテッカグヤなどを逆に起点にしてしまうという恐ろしさ。

じめん対策をひこうに一任してるような手持ちはジガルデ1体で詰む。

いくら高いスペックを持つ幻のポケモンも、じめんが抜群ならばジガルデに蹂躙されるのは不可避である。


また幻のポケモン達はセレビィとランドシェイミを除く全てがでんきタイプに耐性を持たないため、特別なポケモンのみでパーティを組む場合もジガルデはでんき無効枠としての需要が非常に高かった。


ちなみに今大会はレベル100で対戦する事になる。
レベルが高ければそれだけ種族値や基礎ポイントによる実数値の差も出てくるため、多くのポケモンはレベル50の時より多くの攻撃を耐える事が可能。(と言ってもほんの少しだけ乱数がずれるだけ)

例としてレベル50の特防特化ジガルデは特攻特化アタックデオキシスのれいとうビームで綺麗に確定1にされてしまうが、今大会では乱数一発で耐える事も可能。

まあとにかく型次第であらゆるポケモンの前で仕事をする事が可能だった。どこのミミッキュだよ

ただ耐えるだけならその辺のポケモンにもできるが、「耐えた後に回復してくる」のがそんじょそこらのポケモンと一線を画する点。


種族値の高さもさる事ながら型の多さも尋常では無く

実戦で見かけただけでも、

  • 高い突破力を誇る王道の、
    「りゅうのまいZ型」
  • 物理は全て詰ませる
    「とぐろをまくねむカゴ型」
  • タスキ発動後に回復し、非常に高いストッパー&対面性能を誇る
    「タスキりゅうのまい10%型」
  • 4倍弱点すら耐えて返り討ち。
    「じゃくてんほけん型」
  • 一致技の高い一貫性で攻める
    「こだわり型」
  • 自身がでんきタイプに強いのでまひを撒きやすい
    「へびにらみドラゴンテール型」
  • 自身がどく、はがねタイプに強いのでハメやすい
    「どくみが型」
  • 一致しんそくで全抜き、こおりもフェアリーも怖くない
    「ほごしょくしんそく型」
  • 発動後に回復するためどの能力が上がっても活かす事のできる
    「スターのみ型」

実際居たのでこれくらい。
恐らくまだまだあると思われる。

とにかく環境の中心は間違いなくコイツ。


さらに詳しい対戦考察はこちら

ネクロズマ Edit

サンムーン時代は悲しい技範囲だったが、殴れるトリラーとしての需要は一応あった。
マギアナと組むのが鉄板。
ステルスロックも覚える。

ミュウ Edit

全然型が読めない。

ねっとうやはねやすめを使った耐久型が居たりした。

セレビィ Edit

全然見なかった。
使うなら多分メガネ型がよかったと思われ。

一応幻限定で言えばサウザンアローとでんき技を半減できる数少ない存在であり貴重な耐性持ちだった。(だからなんだとか言うな)

ジラーチ Edit

大会ではスカーフ型が多かった。

6割ひるみと耐性は優秀な物の、やっぱりジガルデの餌。
火力不足で一致技も半減されやすい。

ひるみに期待しても舞われていると厳しく、そもそもジガルデを倒すのに5発以上かかるため突破は厳しい。
ビクティニも無理。

正直アタッカー型は弱く、ステルスロックやひみつのちから、いやしのねがいなどでサポートに回った方が強いと思う。
(Zハッピータイムジラーチを使った事のある方は情報追記を求めます)


日本では毎年配信されているからか数は結構見かけた。
通常色個体が多かった印象。
ちなみにムーンフォースやハッピータイムを使ってくるのは色違い個体。

デオキシス Edit

高いACSとしんそくでめちゃくちゃ対面性能の高い厄介なポケモン。
ステルスロックでタスキを潰して対抗するのが最善。

ちなみにアタックデオキシスはサトシゲッコウガのみずしゅりけんやメガガルーラのねこだましで死ぬ。

テテフと組ませて先制技を対策しつつエスパーZをぶっぱなしてくる奴もいる。

マナフィ Edit

ほたるび+ミズZで高い突破力を持つ。

ただ当時は非常に入手の難しいポケモンだったため大会では全く見かけなかった。

フィオネ Edit

ちゃんと使ってる人いたよ!
やったね!!

ダークライ Edit

ダークホールはオワコン化したものの、高い素早さと広い技範囲でなんやかんや強かった。
わるだくみ+Zでフェアリータイプも返り討ち。

シェイミ Edit

全然見かけなかったのにしれっと7位に入ってるようわからん奴。

素早さ127からの6割ひるみエアスラッシュでよく過大評価されるが、コケコが結構キツかったり、先制技で縛られたり、弱点が多いためひるませられないとそのまま返り討ちにあったりと結構信用できない場面も多い。

弱点が多いため意外と選出しにくい。
またテッカグヤやサンダーで止まる。

意外と火力不足で、持ち物無しエアスラッシュはマーシャドーに耐えられる他、だいちのちからもカプ・コケコに普通に耐えられる。


が、高速広範囲ときあいのタスキで対面性能は高いので、先制技などの処理ルートをちゃんと用意しておこう。
ひるまされてタスキやみがわりを残されて無償突破されたら目も当てられない。

正直エアスラッシュよりも8割で特防を2段階下げるシードフレアが優秀で、有利対面で打てば耐久ポケモンも容易に突破できるので相手にした際はシードフレアを打たせないように立ち回りたい。

ジガルデとは相性が良くて、ジガルデのへびにらみでまひをばら蒔いてからエアスラッシュで蹂躙する外道な戦法ができた。

またシェイミが止まるテッカグヤやサンダー、コケコやメガゲンガーにもジガルデが有利。

さらにシェイミのいやしのねがいでパーフェクトジガルデの体力を満単にする事もできる。

2匹ともこおり4倍なのでパルシェンなどには注意

アルセウス Edit

出られません!w
(育成論はこちら)

ビクティニ Edit

今大会のダークホース

隠れた最強ポケモン。

まず耐性が非常に優秀で、幻ポケモンに多いエスパータイプ全般に有利に戦え、あわよくば起点にできる。

以下は有利に戦えるポケモン

  • ミュウ:技範囲が読めないが特殊型には有利目。
  • セレビィ:くさ・エスパーの両方を半減
  • ジラーチ:はがね・エスパーの両方を半減。
  • デオキシス:エスパー技・けたぐり・れいとうビームを半減
  • ゲノセクト:はがねやサブのれいとうビーム、かえんほうしゃを半減
    とんぼがえりには注意
  • マギアナ:はがね・フェアリーの両方を半減。

ざっとこんな感じで一般相手だとカプ・テテフやテッカグヤ ナットレイも完封できる。


大会ではスカーフいのちがけ特攻型が特に多かったように思えるが、実は「Zおいわい」が最も強力な型で、ステルスロックを撒き上記ポケモンとの対面で発動させれば簡単に3タテが可能。

正直こいつのヤバさは実際使うか使われるかしないとわからない。


恐らくこいつが話題にならなかったのはやはりジガルデの存在がデカかったと思われる。

メジャーなHP100族までを確殺するスカーフいのちがけ攻撃もジガルデは耐えてくる。(しかも耐えた後回復してくる)

さらにジガルデはビクティニのZおいわいアシストパワーを耐えてくるため普通に止められてしまう。
よって結果論ながら今大会のZおいわいビクティニはめざ氷があればマジで最強だったと思われる。

さらに詳しい対戦考察はこちら

ケルディオ Edit

はがねタイプ以外でいわとこおりを両方半減できる貴重な耐性を持つポケモンだが、フェアリー環境なのでイマイチか。
一応メガギャラドスには強め。

使うならミズZが最適だったと思われる。

HPに192振る事でマーシャドーのインファイト+かげうちを耐え、こごえるかぜ+ミズZで返り討ちにできる。
またジガルデもHP振りまでならめいそうミズZで飛ばせる。

メロエッタ Edit

ゴーストに役割の持てる面白いエスパータイプ。

ボイスフォルムの特殊型が強力で、みがわり貫通のさわぐやハイパーボイス、サイコショックで受けループやあくびループを崩す事ができる。

せっかくゴーストタイプに役割が持てるのに肝心の「いにしえのうた」がゴーストタイプに無効にされてしまうのが残念でならない。

当時の入手難易度の面か大会では全く見かけなかった。

ゲノセクト Edit

最強の一角。

良耐性、高火力、広範囲、両刀にダウンロード持ちという驚異的なスペックを持ち、受けだしは困難。
なんととんぼがえりまで覚える。

ミミッキュをほぼ一方的に倒せ、ジガルデもダウンロードれいとうビームで倒せるため対策として使える。

ゲノセクト「すまん、ダウンロード対策(爆笑)とかしてるアホおりゅ?w」

HD弱保ジガルデ「してますが何か?」
※せっかちゲノセクトはジガルデの弱保サウザン+しんそくで確定


大会ではスカーフ持ちが特に多かったように思える。

対策としてはビクティニやボルケニオンなどほのおタイプが有力だが、あくのはどうや10まんボルトも覚えるので油断ならない。
てかそもそもとんぼがえりで逃げられるのが卑怯。

と言うかそもそもこの大会はほとんどのほのおタイプにジガルデに睨みを効かせているルールのため、ますますゲノセクトもイキイキするという訳である。

余談だが、最後に配信されたゲノセクトは第6世代の頃に海外限定で配信された通常色個体のためか、大会では海外勢の通常色ゲノセクトが多く見られた。

ディアンシー Edit

  • 通常ディアンシー

耐久が非常に高く、シェイミのシードフレアやジガルデの1舞サウザンアローすら耐えてくる耐久を持つため弱保トリルアタッカーとして有能。

ミュウやマギアナより高い耐久がある。

タスキ・Z両方のマーシャドーにも対面確実に勝つ事ができて強い。

  • メガディアンシー

合計700族という驚異の数値を誇るメガディアンシー

しかし今大会の彼女は…


全然環境に刺さっていない。

ジガルデに役割を全て奪われたかわいそうな子。

通常ディアンシーの方が強くね?

…こんな感じ。



…いきなり散々な言い様だがメガディアンシーとジガルデ
実はこの2匹は、得意なポケモンと苦手なポケモンが似通っている

ディアンシーが得意なタイプは主にほのお・ドラゴン・ひこうタイプだが、

ほのおタイプ…ジガルデも有利。
ドラゴンタイプ…対面時はジガルデが有利。
ひこうタイプ…サウザンアローのあるジガルデが有利。

苦手な相手は高耐久のみずタイプやスカーフゲノセクトという点も一致している。

それどころかジガルデは、ディアンシーが勝てないテッカグヤやナットレイといったはがねタイプを悠々と起点にしてしまうと来た。

しかもディアンシーはフェアリータイプのくせにジガルデに有利とは言えない。

通常のドラゴンやじめんは「でんじふゆう」で完封できるのに、あろう事にジガルデはサウザンアローで問答無用で撃ち落としてくるのである。
あろう事だけにアロー、ってかwww

…というか単純スペックも、

メガディアンシー:持ち物固定、700族
100%ジガルデ:持ち物自由、708族

\(^o^)/

メガディアンシーが弱いのではなくジガルデの汎用性が高すぎた…

ちなみにマーシャドー、シェイミ、マギアナ、ゲノセクトと言ったトップの幻の多くにもやっぱり対面不利である。


…が、しかし!

メガディアンシーは特性「マジックミラー」で相手にステルスロックを撒かせないため、後続の強力なタスキ持ちの幻達をステロから守る事が可能。

特にこの大会は道具重複OKな関係上「タスキ環境(=ステロ環境)」のため、相手にステルスロックを撒かせないのは地味どころか、めっちゃ偉い!(筆者もそれでタスキ潰せず一度負けた)

これがメガディアンシー最大の強み。
カバルドン+リザードンやボーマンダの並びなんかはでんじふゆう1つで完封可能。(なおジガルデ)

なんやかんや弱くはなかった…んだと思う。

ちなみに技の4枠目についてはマーシャドーなどのタスキを潰しながら上を取れるがんせきふうじが特に良かったと思われる。

余談だが、ディアンシーが最後に配信されたのはORASの時、日本限定で全国のポケモンセンターで配信された色違い個体のため、大会のディアンシーは日本人の色違い個体が多かった。



さらに詳しい対戦考察はこちら

フーパ Edit

ボルケニオン Edit

今大会のダークホース(2)

みず・ほのおという変わったタイプと特性ちょすいを持つおかげで対みず・ほのお・はがねタイプに滅法強い。

レヒレなどみずタイプに強く、その対策のくさタイプにも強く、さらにその対策のほのおタイプにも強いのである。(あとはがねフェアリーにも)

これだけの相手を流せるタイプを持ちながら受け出し不可能の超火力命中安定のメガネスチームバーストであっという間にサイクルを崩壊させてくる。

とにかく一貫性がハンパなく、半減でも無振りメガボーマンダを高乱数2。
これにさらに3割やけど効果付きでタスキも潰してくる。

高い防御力で一致じしんすら耐えてくる。


後は厄介なゲノセクトの対策としても有力。

またゲノセクト自身とボルケニオンの相性も良くて、ゲノセクト+ボルケニオンにでんきの一貫を切るジガルデを入れた並びは強力の一言に尽きる。

詳しくはこちら

マギアナ Edit

メガクチートがセルフでトリックルーム貼ってZワザを打ってくるぞ!
さらにメガ枠と両立可能だ!

強すぎ。

ちなみに大会ではラスターカノンの採用率がとても高かったけど、
ラスターカノンとか打つ相手全然いないから!(対フェアリーはZフルールカノンで十分)

シャドーボールのが範囲優秀だから!!(ミミッキュの証明する通り)

…とゼンリョクで訴えたい。

詳しい考察はこちら

マーシャドー Edit

使用率1位。
一応この大会の主人公。

かくとう+ゴーストの攻撃を両方半減できるポケモンは存在しない。

この攻撃範囲と先制技のかげうちのおかげで非常に高い対面性能を誇る。

厄介なゲッコウガなんかも上から叩き潰せる。
しんそくが無効なのも強い。

専用技「シャドースチール」は相手の能力アップを奪い取って攻撃するため、タスキを持たせる事でりゅうのまいジガルデなど積みアタッカーのストッパーになる事ができる。

セルフいばるで相手の攻撃力を上げ、それをセルフシャドースチールで奪い取る奴もいた。

今大会ではジガルデ意識のれいとうパンチは半必須だった。
がむしゃらも強力だけれど、ジガルデはがむしゃらを当てた後に回復してくるぞ!

サトシゲッコウガ? Edit

通常レートでは参加できないサトシゲッコウガもこの大会では解禁された。

サトシゲッコウガに変化できればコケコやシェイミの上を取ったり、Zハイドロカノンでマギアナをワンパンできたりするためハマれば強い。

ちなみにサトシゲッコウガはアタックデオキシスやバシャーモをみずしゅりけんでタスキ無視でワンパンできる。

コスモッグ Edit

ぴゅい!

コスモウム Edit

このルールで強かった一般ポケモン達 Edit

  • ミミッキュ
    結局コイツ。
    フェアリーZやおにび、のろいなどでジガルデの多くの型を対策可能。
    大会ではミミッキュを複数採用した手持ちもそこそこ見られた。

    いわゆるABミミッキュはマーシャドーのテクニかげうちやジガルデの1舞サウザンアローも耐える。
  • カプ・コケコ
    ジガルデさえいなければ幻共を凌いで今大会最強になれたポケモン。

    幻のポケモンの9割はでんきを半減以下にできないため大体デンキZで確定1となる。
    さらにマーシャドーやシェイミより速くとんボルチェンでタスキも潰せるため非常に強力な駒。

    しかしジガルデはZマジカルシャインすら耐えてきます。
  • カプ・レヒレ
    HBに振る事で気持ちジガルデやマーシャドーに強く出れる。
    また、ジガルデとも相性補完がとても良い。

    ボルケニオンに何もできない他、シェイミに「有利対面シードフレア」をさせてしまうのが弱点。
    また、マーシャドーのシャドースチール+七星奪魂腿は防御特化でも乱数なので注意。
  • ギルガルド
    マーシャドーのメイン技は専用Zを含めて接触のため択ゲーを仕掛けられる他、シェイミのだいちのちからを2耐えする。

    幻には基本強めだが、ジガルデの1舞サウザンアローで確1にされてしまう。
  • ナットレイ
    タスキで高い対面性能を発揮する幻が多いためステルスロックとてつのトゲがとても強力。
    なんやかんや幻相手にも安定した耐久を見せる。

    対マーシャドーもインファイトを耐えててつのトゲ+ジャイロボールで返り討ちにできる。

    なお攻撃無振りだと100%ジガルデのみがわりに最大威力ジャイロボールを耐えられる。
  • メガギャラドス
    いかくにりゅうのまいからのかみくだくやこおりのキバで幅広く禁止級を倒せる。
    またジガルデとも相性が良(ry
    かくとうやフェアリーが抜群なのには注意。
    特にマーシャドーはシャドースチールで能力アップを奪ってくる。
  • メガミミロップ
    きもったまねこだまし+αでタスキマーシャドーやシェイミなどを問答無用で殴り倒せる。
    タスキ環境なので無効化されないタスキ潰しは強力。
    なおジガルデはねこだまし+れいとうパンチ2発を耐えてくる。(体験談)

    またこいつもいやしのねがいでジガルデを復活させられる。
    実はビクティニとの相性補完が完璧に近かったりする。
  • メガガルーラ
    こちらもきもったまねこだましが強力。
    マーシャドーには不利なものの、素早さ100族以下の幻をねこすてみやじしんで幅広く葬る事ができた。
    HP振りのジガルデは猫れいとうパンチで倒せる。
    なお舞われているとHP振りもジメンZで倒される。
  • メガプテラ
    メガディアンシーの目の上のたんこぶ。
    やっぱりステロ撒きとして優秀な他、マーシャドーやシェイミをつばめがえしで確1にできる。

    なお、ジガルデにはこおりのキバを2耐えされる。
  • フェローチェ
    アタックデオキシスより速く、とんぼがえりでタスキも潰せる。
    ジガルデにもれいとうビームを打てる。

    が、特防特化ジガルデは珠フェローチェのれいとうビームを確定耐え、持ち物無し無振りの場合は2耐えしてきます。
  • パルシェン
    からをやぶればタスキ持ちやジガルデを問答無用で倒す事が可能。
    上位でもそこそこ見られた。
    へびにらみやしんそくには要注意。

おまけ Edit

シャドースチールの時のTwitter
様々な統一パとのマッチング報告がされていて中々カオス。

余談 Edit

USUM新ポケモンのネタバレ注意

コメント Edit

  • ポケモンの技一覧忘れてるぞって言いにきたら違った -- 俺はページを作る者だ 2018-02-06 (火) 18:53:13
  • 技と紛らわしいので再度投稿 -- 2018-02-06 (火) 19:05:09
  • ↑乙 -- 俺はページを作る者だ 2018-02-06 (火) 19:07:20
  • すごく…詳しいです… -- 俺はページを作る者だ 2018-02-06 (火) 23:36:56
  • ↑どうも。流石にこの量は疲れた(´・ω・`) 一応大会はメインサブで60戦くらいやって上位にも行けたからそこそこ説得力ある記事になってると思う(´・ω・`) -- 2018-02-06 (火) 23:50:49
  • ジガルデが強そうに見えてくる -- ちゃぶ台問屋 2018-02-06 (火) 23:53:50
  • 度々の更新すまぬ ↑実際むちゃくちゃ強い(´・ω・`) 自分が使っても相手が使ってもクソ強いから驚きよ -- 2018-02-07 (水) 00:10:22
  • ↑今度使ってみようかな -- ちゃぶ台問屋 2018-02-07 (水) 00:12:04
  • もしや禁止級育成論の人かな? -- 俺はページを作る者だ 2018-02-07 (水) 00:19:41
  • ↑うむ ちなみにりゅうのまいしても上取ってくる奴の対策にねばねばネットを撒いとくのがオススメ(´・ω・`) -- 2018-02-07 (水) 00:23:54
  • ↑やっぱりな♂ 前その顔文字使ってた気がして(´・ω・`) ウンウーンでオニシズクモとかペロリームもねばネット習得したよな -- 俺はページを作る者だ 2018-02-07 (水) 00:31:31
  • また同じルールやるみたいだけどウルトラスーパーハイパーチャレンジは流石に笑う
    今回もジガルデ強そう ジガルデの天敵に強い日食ネクロズマ使えるし -- 2018-05-17 (木) 21:34:42

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数 Edit

現在18
今日4
昨日0
合計981