シロナガスクジラ

Last-modified: 2021-06-11 (金) 17:11:08


シロナガスクジラ (Balaenoptera musculus)とは、世界最大の哺乳類である。

詳細

体長は、25~32mで、体重は、約200t。
確認されている最大体長は29.9m、体重は199tに達し、これまでに存在した哺乳類の中で最大である。

北大西洋と北・南太平洋、南洋、インド洋に生息。

シロナガスクジラの細長く、細身の体は、背の方が様々な色合いの灰色がかった青で、その下は明るい所がある。
体型はナガスクジラ科の他種に比べ、細長い。

現在4つの亜種がいるとされる。

シロナガスクジラは濾過摂食者であり、ほとんどオキアミ類のみからなる。
彼らは一般的に1匹か、小さなグループに集まっており、母子の絆以外に明確な社会構造を持たない。
シロナガスクジラの発声の基本周波数は8 Hzから25 Hzで、発声の仕方は地域、季節、行動、時間帯によって異なる。

シロナガスクジラは19世紀末まで、地球上のほぼすべての海洋に生息していた。
1966年に国際捕鯨委員会がシロナガスクジラの捕獲を禁止するまで、捕鯨船によって捕獲されていた。
ワシントン条約には、付属書Iに指定されている。
現在は、約1万頭が生息。

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 動物 海の生物 哺乳類 クジラ