ジャワトラ

Last-modified: 2021-12-03 (金) 22:31:58


ジャワトラとは、トラ亜種?である。

詳細

学名は、Panthera tigris sondaica (Temminck, 1844)
ジャワ島?の熱帯雨林に生息していた。
体長は、スマトラトラと同じくらいで、トラの最小の亜種の1つである。

縞が細く、小型である。
全長は、2.48m(♂) ♀は記録なし
体重は、100~141kg(♂)、75~115kg(♀)

2017年、ネコ専門家グループのネコ分類作業部会は、ネコ科の分類法を改訂し、
バリトラジャワトラスマトラトラの個体群をPanthera tigris sondaicaであるとしている。

2018年に発表された遺伝子研究の結果では、32のトラ標本の全ゲノム配列解析に基づいて、6つの単系統クレードを支持した。

絶滅

1830年代に、ジャワ島のトラを狩猟すると賞金が出るようになった。
20世紀初頭、ジャワ島に2800万人の人々が住み、
米の生産量が増えても十分に供給出来なくトラを殺すことが増加した。

1938年には自然の林が島の23%を占めていたが、1975年には8%しか残されていなかった。
第二次世界大戦後、コーヒーやゴムなどを植えるために自然林がどんどん分断され、野生動物の生息に適さない環境になっていた。
トラの最も重要な獲物種であるジャワルサは、1960年代にいくつかの保護区や森林で病気により数が少なくなった。
このようなことがあり、1980年代に絶滅してしまった。

目撃

ジャワトラは絶滅したとされているがジャワトラらしき動物が目撃されている。

2008年11月
ジャワ島中部のメルバブ山国立公園で、トラに襲われて死亡したとされる女性の登山者の身元不明の遺体が発見された。
遺体を発見した村人は、付近でトラの目撃情報があったと主張している。
2009年1月
何人かの村人が、ラウ山に隣接する村の近くで、2匹の子連れのトラを見たと主張した。地元当局はその場所でいくつかの新しい足跡を発見した。しかし、その時にはすでにその動物は姿はなかった
2010年10月
のメラピ山噴火の際には、インドネシアの村人2人が火山灰の中に大きな猫の足跡を見つけたと主張し、トラやヒョウが食料を求めて放棄された農場を歩き回っているという噂が広まった。近くの国立公園の職員は、その肉球がトラのものである可能性はないと考えた。
2016年
東ジャワのアルジュノ山でジャワトラが撮影されたとされる。
2017年8月
ウジュン・クロン国立公園で働く野生動物レンジャーが、死んだ雄牛を食べているときにジャワトラとされる動物の写真を撮影した。その後、調査チームが虎の存在を検証するために10日間の遠征を行った。専門家は、この動物をジャワヒョウ?と同定した。

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: トラ ネコ 亜種 絶滅動物 ネコ科 トラの亜種