Top > スタウリコサウルス


スタウリコサウルス

Last-modified: 2019-03-08 (金) 20:32:42

概要 Edit

2億2500万年くらい前(三畳紀後期)のブラジルに生息していた小型の肉食恐竜。
大きさは2メートルほどで、名前の意味は「南十字星のトカゲ」。
星座っぽい要素などどこにもないが、南十字星といえば南半球を代表する星座なので、こいつの発見記念的な意味で名付けられたようだ。
 
多くの肉食恐竜がそうだったように歯はステーキナイフのように薄く鋭く、口の奥の方に向いていた。
歯の縁はギザギザしていたのも特徴。
 
ちなみに同期生のエオラプトルヘレラサウルスとは近い仲間で、共通するポイントとして指が5本あった点が挙げられる(ジュラ紀以降の肉食恐竜は4本→3本と減っていった)。

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ Edit

Tag: 恐竜