Top > スピノサウルス


スピノサウルス

Last-modified: 2019-05-28 (火) 09:20:04
スピノサウルスSpinosaurus
全長15~17m
生息地アフリカ

属名は「トゲのあるトカゲ」という意味。背骨が長く伸びたトゲが帆のようになっているのが由来。
通称「ワニ顔恐竜」と呼ばれる通り魚が主食で、長いアゴには並みの肉食恐竜の倍以上の歯を持っていた。
 
肉食恐竜の中でもかなり巨大な方で、その気になれば草食恐竜を倒せるほどの力はあった。
だが獲物の取り合いを避けようと魚食に転向した珍しいタイプの恐竜でオンコプリスティスシーラカンス類のような大きな魚を食べていたようだ。
 
1915年に化石が見つかり、ドイツのミュンヘン博物館に保管されていたが、1944年のミュンヘン空襲で焼失。
2013年頃に良質な化石が発見されたが、それまでは部分的な標本くらいしか残っていなかったのでスコミムスなど近縁種を参考にせざるを得ず、有名な割に謎も多かった。
 
同じような地域には一時期カルカロドントサウルスも生息していたが、そのカルカロドントサウルスにやられたであろう背骨の化石が見つかっている。





コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

来訪者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
合計?

関連項目 Edit

スコミムス
イリテーター
バリオニクス
イクチオヴェナトル
 
ギガントスピノサウルス←名前だけはそっくり
タグ
Tag: 恐竜