セイバー坂

Last-modified: 2021-06-10 (木) 15:58:41
トウマー!

...セイバー坂とは、特撮ドラマ『仮面ライダーセイバー?』第35章終盤・第36章あらすじに突然現れた迷シーンである。

概要

仮面ライダーセイバー第35章の終盤、統率者マスターロゴス?は11本の聖剣、各剣士の所持していた19冊のワンダーライドブック?、そしてワンダーワールド?を繋ぐ存在 ルナ を揃えて全知全能の書を完成させようとする。それは飛羽真にとってトラウマの再来であり、ルナと生き別れたあの日と同じだったのだ。その時、ルナの叫びと共に彼女へと通ずる光の道が現れたのだ。連戦で疲労が溜まっていた飛羽真は、二度もルナとの約束を破る訳にはいかない、と全力でその道を駆けていくのであった...

何の説明もなく唐突に出てきた光の道、いつぞやのBB劇場?のようなCG合成、某ロボットのように全力で駆ける飛羽真。おまけに汎用性が高い。これらの要素が某土管?某蝙蝠エンジンのようにネタとしての意味で話題を呼び、Twitterニコニコ動画をはじめ多くのコラ画像や動画が作られた。
そして何より飛羽真自身の走る姿が豪快である。
必死さを演出させる為か、全力疾走にしても腕の振りや足の運び方がかなり大きい。*1
一部では、「アングル?の問題」「安っぽい」等といった意見も見られる。
このシーンは「飛羽真ダッシュ」や「空気階段」「二度転ぶTUM」「ヌルヌル坂」とも呼称される。

漫画『男坂?』の打ち切りエンドを連想させた視聴者も多い。
尚、あらすじ曰く、『階段?』らしい。

この時とあるミームの再ブームが来るとは誰も思ってもいなかった......

関連項目

普通のホモサピエンス

関連動画

コメント欄

  • いつ見ても笑えるw -- NINTENDO64 2021-06-05 (土) 06:49:51

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 仮面ライダーセイバー ミーム


*1 実際そのシーンを良く見てみると、その場で足踏みをしているだけで、移動そのものはCGに頼っていることが分かる。