セイヨウナシ

Last-modified: 2021-10-27 (水) 23:00:18

セイヨウナシとは、夏から秋にかけて果実を収穫し食用とするために栽培されるバラ科の高木。

概要

原産はヨーロッパ州で日本には明治時代に入ってきたとされる。
果実は長い卵形であり、果実は黄緑色、黄色、茶色や赤色がある。品種によっては熟すと果皮の色がくすんで見た目が悪くなるものもあるがそれは食べ頃のサインである。
また、セイヨウナシの果肉はとろりとしているのに対してニホンナシやチュウゴクナシはざらざらしているがこれは果肉に石細胞が多いか少ないかの違いである。セイヨウナシに石細胞は少ないがニホンナシやチュウゴクナシは多い。
果肉は生食ないしコンポートにして食す。

コメント

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?