ソメイヨシノ

Last-modified: 2021-11-14 (日) 10:24:38

ソメイヨシノとは、桜(バラ科サクラ属)の一種である。

詳細

エドヒガンとオオシマザクラの雑種。
学名は、Prunus × yedoensis。

成熟すると高さ5~12m、まれに15mに成長する小さな落葉樹である。​
葉の長さは6~15cm、幅は4~7cmで、葉の縁には鋸歯状の切れ込みを入れて交互に並んでいる。
​新しい葉は、しばしば青銅色になり、夏までに濃い緑色になる。

​花は早春に葉の前に咲く。直径3~3.5cmほどで香りがあり、
白や淡いピンクの花弁が五つある。​花は一緒に5つか6つの房になる。

​果実は小型ので、直径8~10mmの球形の核果である;。
コマドリやツグミを含む多くの小鳥類や哺乳類にとって重要な食物源である。
​果実にはほとんど果肉が含まれていないが、濃縮された赤い果汁が多く含まれており、衣類やレンガに染みを付けることがある。​その果実は人間の口にはかろうじて甘い。

人との関係

香りが良く、淡いピンクの花を持ち、扱いやすい大きさと上品な形をしたソメイヨシノは、観賞用の木としてよく使われる。

江戸時代から明治時代初期にかけて、江戸の染井村を作った造園家や職人がソメイヨシノを栽培し、
当初は吉野桜として献上していたが、1900年に藤野博士によってソメイヨシノに改名された。

ソメイヨシノは1902年にヨーロッパと北米に導入されました。
桜祭りはワシントンDCで開催される春のお祝いで、
1912年に東京からワシントン市に贈られた日本の桜の木を記念します。
タイダルベイスン公園に植えられています。
1959年に東京都民からトロント市民に贈られた2,000本の桜の木のうち数本が、ハイパークに植えられた。
ニューヨーク市のセントラルパークのピルグリムヒルは、淡い色に咲くソメイヨシノの木々が春に開花し始めるので人気がある。

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 植物