タキタロウ

Last-modified: 2021-03-22 (月) 14:46:06

タキタロウとは、山形県鶴岡市?大鳥池?に生息しているとされるUMAである。

詳細

特徴は口は下あごが上向きに発達していて、尾びれが大きい。
寒い時期に産卵。
最初に目撃されたのは、1982年(昭和57年)7月。
1917年には爆発工事をしていたら巨大な魚が浮かんできて、
何人かの作業員は持ち帰えって食べたと言う証言もある。
大きさは212~303cm。
1983年(昭和58年)から3年間に大規模な調査が行われたが発見されなかった。

正体

現在も正体は不明。

  • オショロコマ?に近いアメマス?
  • アメマス系のエゾイワナ?
  • アメマス系のニッコウイワナ?
  • エゾイワナ系のアメマス説
  • ニッコウイワナ系のアメマス説
  • イトウ?
  • ソウギョ?
  • イワナ?
  • ヒメマス?
  • 新種の古代魚?

関連記事

  • ナミタロウ?

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 未確認生物 日本のUMA