Top > タルパナス・リッパ


タルパナス・リッパ

Last-modified: 2019-07-14 (日) 23:55:34
wikipedia_nega.jpg

この記事は日本語版Wikipediaに無い記事である。やったね!

tumblr_inline_pfn3h0Ppop1uc16jr_500.png

@drawingwithdinosaursより





概要 Edit

学名Talpanas lippa。
およそ6000年前までハワイに生息していたカモの仲間。化石はハワイ・カウアイ島の洞窟で発見された。
Talpanasの意味は「目が小さい、モグラ」。おい!それってYO!
ちなみにLippaはほぼ目が見えないという意味。

現在のカモやアヒルに比べ、相当眼窩が小さく、つまり目自体が相当小さく、悪かったということが見受けられる。
しかし、クチバシ周辺の神経はやけに発達しており、嗅覚が非常に良かったのではないかと言われている。
その上飛べない。森林で生息しており、泳ぐこともあまりなかったであろう。

この特徴はキーウィに似ており、恐らく収斂進化の結果なのであろう。

まともな日本語ページが一つもない。海外ではマイナーレベルで知られていない訳ではないが…

コメント欄 Edit

  • 大物Youtuber生きた化石説 -- 2019-07-14 (日) 08:32:32

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Tag: 古生物