ダルマハダカカメガイ

Last-modified: 2021-11-20 (土) 11:36:09

この記事は日本語版Wikipediaに無いどころか、英語版Wikipediaにもありません。

ダルマハダカカメガイとは、ハダカカメガイの1種である。

詳細

学名は、Clione(クリオネ) okhotensis(オホーテンシス) (Yamazaki(やまずき) & Kuwahara(くわはら), 2017)
オホーツク海?南部に生息している。
学名の「okhotensis」は、オホーツク海のことである。

体長は、約8mm。幼形成熟?する。
全体が?もしくはオレンジ色?で、体型はダルマのようにずんぐりしており、和名の由来になった。
翼足は、小さい。

1902年の「ナンキョクハダカカメガイ」以来、2017年に114年ぶりに見つかったクリオネの種である。

体の前部・中央・後端の近くの体表に一周に周る、3繊毛帯がある。

コメント欄

  • クリオネはいいぞ -- なりあさ 2021-10-16 (土) 16:25:15

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: ハダカカメガイ