チェルノブイリ(マルウェア)

Last-modified: 2021-05-18 (火) 08:15:46

概要

チェルノブイリとは、マルウェア*1の一つである。
このマルウェアは1998年に台湾にて発見された。製作者は台湾人の陳盈豪。
性質は、コンピューターに侵入した後、ハードディスクなどの情報を破壊してしまう。要するに機器が全く使えなくなってしまう。
世界で多大な被害を出し、特にトルコと韓国はかなりの打撃を受けた。
名前の由来は、このマルウェアがチェルノブイリ原子力発電所事故の発生した4/26に動作するようになっていたため。
ただし作成者は自身の出席番号から4/26に設定したもので、チェルノブイリ原子力発電所事故に特に関連性はないと言っている。

陳盈豪氏。作成後。

他のマルウェアとの関連性

チェルノブイリが猛威を奮った後、一時的に他のマルウェアの感染率が増加しているため、何らかの関連性が有るとされる。
またこの凶悪性から他のマルウェアに仕込まれることが有る。

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: マルウェア


*1 俗にいうコンピューターウイルス