チョウザメ

Last-modified: 2021-10-05 (火) 09:32:58

この頁では、チョウザメ科?Acipenser medirostrisを解説しています。
チョウザメ目についてはチョウザメ目?
チョウザメ科についてはチョウザメ科?をご覧ください。


チョウザメとは、サメに似ている古代魚?の仲間である。

詳細

体長は2m。
学名は、Acipenser medirostris (Ayres, 1854)
サメに似ていて、?のようなウロコ?を持っているためこの名が付いた。
名前に「サメ」と付いているが、サメではなく、軟骨魚綱?でもない。

アリューシャン列島?及びアラスカ湾?からメキシコエンセナーダ?に生息している

本州?北部から樺太?にも生息していたが、絶滅してしまった。
4・5月ごろには北海道の石狩川や天塩川などに産卵のため多数遡上していた。

国際自然保護連合のレッドリストでは準絶滅危惧と指定されている。

体は細長く、吻は長いく、先端は丸い。
背びれより前に7~10枚の鱗板がある。
卵は小さく、水草や砂底に産む。
約1週間で孵化して、秋に川を下って海に行く。
近縁種のカラチョウザメ?に似ているが、背びれ・臀びれの条数や鱗板数などが少ない
卵はキャビア?として食べられていて世界3大珍味の一つになっている。

コメント欄

  • サメじゃなかったのね -- ペンペン 2021-05-03 (月) 23:11:03

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 古代魚 チョウザメ 絶滅